TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

【レビュー】キャプテンスタッグの大容量水筒(1000ml)

今回はキャプテンスタッグの大容量水筒を紹介します。
丁度いい1000mlという容量で、さらに洗いやすくて丈夫なこの水筒

こまひつ
500mlだとすぐなくなっちゃうけど、2Lは大きすぎる…。
こまひつ
洗いにくい水筒にウンザリ…。

そんな方の参考になれば幸いです。

 

キャプテンスタッグの大容量水筒(1000ml)の詳細

 

詳細

 

▼今回紹介する水筒は以下の商品です▼

 

この商品はアウトドアメーカーキャプテンスタッグ」が販売している容量1000mlの水筒
キャプテンスタッグといえば、安くてシンプルな、使い勝手の良いアウトドア用品を販売していることで有名。
もちろん今回紹介する水筒も例外ではなく、シンプルな構造になっています。
さらに、アウトドア用品メーカなので頑丈という安心感もありますね。

 

サイズ感

 

サイズは以下に示す通りです。

 

ポイント

外径73×高さ245mm

 

ティッシュと比べてみる

 

 

水筒にしては少し大きめという印象ですね。
「1000mlという容量」「保温・保冷効果がある」という2点から、多少大きいのは仕方ないかなという感じですね。

 

キャプテンスタッグの大容量水筒(1000ml)レビュー

 

丁度いい容量

 

普通の店舗で売っている水筒の容量って、700mlだったり500mlだったり…。
水分を多めに摂取する人にとっては物足りない容量です

 
 

僕も以前はそんな容量のものを使っていたのですが、外出中になくなることが多かったんですよね。
その点、1000mlという容量のキャプテンスタッグの水筒は、1日出掛けて少し余るか余らないかという丁度良い容量です(個人差あり)。

 
 

僕はこの夏1シーズン使いましたが、ちょうど帰宅前に飲み切るぐらいでした。
冬は余ることもありますけど、多めに持って行って損はないですしね。

 

洗いやすい(口が広い、キャップがシンプル)

 

みなさんは水筒を綺麗に洗えていますか?
普通の水筒って、キャップにゴムの部品がいっぱいついてたり、複雑な形状になっていたり…
とても洗いやすいとは言えません。

 
 

そんな水筒とくらべると、このキャプテンスタッグの水筒は「口が広い」「構造がシンプル」という2点のおかげで非常に洗いやすいです。
また、口が広いので内部を隅々まで洗いやすいですね。
シンプルな構造なので、時間をかけずにさっと洗えてしまいます

 

 

保温・保冷機能もバッチリ

 

水筒を使うメリットはたくさんあります。
余計な出費が減ること、ペットボトルを買いに行く手間が減ること、ゴミが減ること…etc。
中でも1番のメリットは「保温・保冷効果があることだと思います。
夏は冷たい飲み物をグビッと飲みたいですし、冬は体の芯から温まりたいですよね。

 
 

このキャプテンスタッグの水筒は、そういった水筒としての基本的な機能も十分果たしてくれます。
保温・保冷効力は以下のようになっており、日常生活で使用するなら十分ですね

 

ポイント

保温効力:53度以上(24時間)、78度以上(6時間)
保冷効力:9度以下(8時間)

 

少し大きいと感じる人には…。

 

このキャプテンスタッグの水筒の気になる点として、大きめだということが挙げられます。
1000mlという容量なら仕方ないのでしょうけど、普段小さなカバンで出かけている方はサイズをしっかり確認してから購入された方がいいと思います。

 
 

キャプテンスタッグからは同じデザイン・機能で容量600mlの水筒も発売されているので、そちらを検討してみるのもおすすめです。
600mlならマーベルコラボの水筒なんかもいい感じなので、ぜひチェックしてみて下さいね!

 

 

キャプテンスタッグの大容量水筒(1000ml)まとめ

 

今回はおすすめの「キャプテンスタッグの水筒(1000ml)」を紹介しました。

 
 

丁度いい容量の水筒とはなかなか巡り合えなかったのですが、1000mlという容量を買って正解でした。
洗いやすいので面倒臭がりの方にもおすすめですよ!
健康には十分な水分摂取が必要なので、外出時の水分摂取についてこの機会に見直してみても良いかもしれません。
気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ではまた!