TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

東南アジア旅行[3日目]ーアユタヤ行っても犬だらけ!!ガパオライスは超美味い

 

前日は色々とハプニングがあった東南アジア旅ですが、気を取り直してタイを楽しむことに。

この日は早起き出来たので、前日決定したようにアユタヤ遺跡に行くことに。

 
▼前日の旅の様子はコチラ▼

関連記事

東南アジアの旅から無事生還しました、かつだむです。 8月21日~9月16日の約3週間半海外で気ままに生活してました。それはそれは楽しくてキラキラした毎日。     ということで、しばらくはこの東南アジ[…]

 

 

バスと地獄のような電車でアユタヤへ

 

宿からフアランポーン駅へ

 

バンコクの市内からアユタヤへ行くには何通りか方法があるんですが、より現地の人が利用してる方法で移動してみたかったので、バスと電車を乗り継いで行くことに。

アユタヤ遺跡の近くには鉄道の駅があるんですが、アユタヤ行きの電車に乗るにはまず宿から駅(フアランポーン駅)に行かなければならず、歩いて行ける距離でもなかったのでバスを使うことにしました

バスは宿の人が親切に教えてくれたので、問題なく駅に到着。たしか26バーツ(約80円)

どこでご飯が食べれるか分からなかったので、駅前のセブンイレブンで朝食のパンを購入。

さすがセブンイレブン、安定のうまさ。

かつだむ
タイの飯が無理そうだったら、全食事これでもいいや

 
よからぬ考えが頭をよぎる。

 

チケット購入

 

それはさておき、電車は2時間ぐらいかかるらしいので、早くチケット買っておかないとアユタヤに着くのが遅くなってしまう!(この時点で10時)

かつだむ
とりあえず聞いてみるか。
かつだむ
すいませんー。アユタヤに行きたんですが。
アユタヤね、300バーツで10:30発の電車があるよ。
かつだむ
ん?ちょっと高くないか?
たしか15バーツで行けたはず
かつだむ
もっと安いのないですか?
あぁ、11:30発だけど15バーツのがあるよ
かつだむ
じゃあ、それお願いします!

 
こうしてチケット購入にも成功。あとは11:30まで待つだけ。

ベンチはたくさんあったので、そこでぼーっとしてました↓↓

 

アユタヤへ電車の旅

 

暇だったので11時過ぎには乗り場に行って、駅の様子を観察。

なんかちょっとオシャレな感じ↓↓

30分前だけど、もしかしたら電車着いてないかなー、と「アユタヤ」の文字を探してぶらついていると、それらしき電車を発見!(終点の駅だから長く止まってる)

もう乗っても大丈夫そうだったので、乗り込んで、なんとか席を確保

かつだむ
2時間立ちっぱなしは辛いし、とりあえずよかった。
でも椅子めちゃくちゃ硬いし、扇風機だけって暑いな

 
15バーツ(約50円)という安さの理由が分かったところで、電車にもかなりの人が乗ってきました

乗客は半分現地の方、半分観光客といった感じ。

昼間の一番暑い時間、人多い、椅子硬いという三重苦と共に、11:30に出発。

現地の人たちは途中の駅で降りたり、乗ってきたり。現地の方重要な足になってるんだなーと感じました。

2時間かなり辛かったんですが、動画を見たりしてなんとか乗り切る。(アマゾンプライムありがとう)

アユタヤ駅はカフェなんかもあって、他の駅より観光客向けになっている感じでした。

 

自転車でアユタヤ遺跡巡り

 

いきなりヤツに遭遇し絶望

 

駅からアユタヤ遺跡のほうへ行くには川を渡る必要があり、川を渡る船の船着き場は、駅を出て道路の向かい側の道をひたすらまっすぐ進むと着きます

こんな道をまっすぐ↓↓

 
 

…おわかりいただけただろうか。

右端のバイクの手前にご注目していただきたい。

そこにははっきりと、こちらを悲しそうに見つめる犬の姿が。(見てない)
 

かつだむ
東南アジアでは野良犬に怯える日々になるんか??観光地でも普通にこんなにおるんか?え?

 
とイライラしつつも、現実は野良犬パラダイスなので、とりあえず危害を加えられないように気を付けるしかないと割り切る。

 

自転車とパスポートの価値

 

船に乗り対岸へ。料金は5バーツ。(16円ぐらい)

対岸の船着き場で自転車をレンタルできるとの情報は手に入れていたので、50バーツを払いママチャリをレンタルしようとする。

すると

パスポート貸してね~
かつだむ
写真撮るんかな?
かつだむ
はいよ~

 
って感じで渡したはいいものの、返ってこない。パスポート持ってかれた…。

パスポート失くされたり、悪用されたら嫌なので聞いてみることに。

かつだむ
へい、おばちゃん。俺のパスポートは返してくれないのかい?
パスポートはデポジットだから、ちゃんと帰ってきたら返すよ!
かつだむ
…このボロチャリと、大事な大事なパスポートが等価だとでも言うのか!

 
とは言えず。

他の移動手段もなかったので、泣く泣くおばさんを信じることに

パスポートのコピーとか持ってきとけばよかったなー。と思いながら、チャリで遺跡巡りを開始。

 

アユタヤ遺跡巡り(プラ・マハタート、ラーチャブラナ、プラシーサンペット、プララーム)

 

ワット・プラ・マハタート

 

まずはアユタヤ遺跡群で一番有名な遺跡へ行きました。

チャリを走らせること5分、さすがに観光客も多く、迷うことはありませんでした。

自転車置き場も充実↓↓

アユタヤ遺跡群の中には入場料が必要な遺跡が何カ所かあり、ここもそのうちの一つ。

チケットはそれぞれの遺跡で50バーツで売っていますが、全部の遺跡に入れるチケットが220バーツで売っていたので、そっちを購入。(いちいち買うのめんどくさいし)

チケットを買うと日本語付の地図を貰えました↓↓

そして、アユタヤといえばこれ!菩提樹に取り込まれている仏像の顔↓↓

神秘的な雰囲気でしたが、写真を撮る際に、頭がこの仏像より下にないとダメらしく、それを知らなかった外国人が係員にブチ切れられてました

主要な遺跡には崩壊する前の遺跡の模型が飾ってあり、ビルマの侵攻の激しさを知ることが出来ました↓↓

30分ぐらい見て、次は隣にあるワット・ラーチャブラナへ。

 

ワット・ラーチャブラナ

 

ここは真ん中に大きい塔がある遺跡です↓↓

登ることも出来ます。(塔の上からの景色)↓↓

ここは仏像の首とかが生々しく残ってました。けっこう大きいので、実物見ると迫力あります。夜来たら怖そう…

お次はワット・プラシーサンペットへ。

 

ワット・プラシーサンペット

 

ここは三つの塔が並んでることで有名ですが、正直このあたりから全部同じに見えてきてます。笑

遺跡とか行くといつもこうなるんです、ちゃんと勉強して行ったり、ガイドさんとかいたら違うかもしれないですけど…

そして次の遺跡に向かう途中、像乗り体験をしてる方たちがいました↓↓

一人で乗っても面白くなさそうなので、僕は乗らずに、見る専門でしたね~。

 

ワット・プララーム

 

 
…同じやん!
 

もうこれ以上周っても新しい発見はないであろうことを悟ったので、自転車で観光地から離れたところを自転車で走る。

気が済んだところで自転車を返却し、パスポートも無事返却される

かつだむ
ありがとう、おばちゃん。俺は最初から信じてたよ!
クルーズどう?色んなところ見れるよ!

 
商売のことしか頭にないらしいです。

 

ガパオライスですべてが許された

 

第一ガパオ

 

アユタヤ遺跡を周ったのはいいんですが、昼飯食べてないことに気付く。(この時点で16時)

かつだむ
こんな時間まで昼飯忘れてるとか、順調におかしくなっていってるな。

 
東南アジアに適応し始めた自分を褒めながら、軽くご飯を食べられる場所を探すことに。

道路を挟んで駅の真ん前のレストランが比較的綺麗そうだったので、そこで何か食べることに。

レストランの外観↓↓

そういえばガパオライス食べてないし食べてみたいなーと思い、ガパオライスとマンゴースムージーを注文

かつだむ
きたきたー。いただきます!
かつだむ
え、うますぎ!

 
丁度いい辛さ。味付けも抜群。バジルが効いてる。
一瞬で虜になりました。

マンゴースムージーも疲れた体には最高。

昨日から犬に追いかけられたり、今日も犬にビクビクして遺跡を周った。そのピリピリしていた気持ちが一気に穏やかに…

おすすめなので、ぜひアユタヤ観光に疲れたら寄ってみて下さい。

レストランの場所はコチラ↓↓

 

帰りの電車とガパオライスの安定感

 

電車の本数が少ない

 

遺跡も回ったし、帰りの電車に乗るためにアユタヤ駅へ。

しかし駅へ行って驚愕。

次の電車が18:50発。(現在16:30)

何して過ごそう…。待つしかないです。二時間待ちました。

唯一救いだったのが、スコールのおかげで昼よりかなり涼しくなっていたこと。

嫌だったのが駅にも犬がいたこと

やっとのことで電車に乗り込む。

帰りの電車は椅子がクッションだったのと、人が少なかったので、行きほど苦痛ではありませんでした。

動画を見たりしながら過ごし、フアランポーン駅へ到着。

夜ごはんは駅の近くのレストランで食べることに。

 

第二ガパオ

 

レストランで何を食べるかメニューを見ていると、ふと疑問が浮かぶ

かつだむ
ガパオライスってどこで食べても美味いんかな?
あの店のが美味かっただけ?
かつだむ
…ええい!ガパオライス一丁!!!

 
昼に引き続きガパオライスを注文することに。

来たのは、昼とはちょっと違うガパオライス。

かつだむ
うまい!やっぱガパオライスはどこで食うてもうまいんや!

 
と、タイでほぼ確実にうまい飯を発見した喜びで胸が張り裂けそうになりました。困ったらガパオライス食べればいいですから。

レストランの場所はコチラ↓↓

 

ホテルへ帰りたい、帰れない

 

夜ごはんも食べ終わり、あとは帰るだけ。

レストランのおっちゃんと仲良くなり、ホテルの方向へ向かうバスを教えてくれたこともあって、バスで帰ることに

バス停で待つ。

 
…待つ。

 
……待つ。

 
バスが来ない。

この時点で21:30ぐらい。

さすがにこの時間に外にいるのは危ないんじゃないかと焦りだす。

タクシーも考える。

でもタクシーも変なとこ連れて行かれたりしたら怖い。

かつだむ
もういい、歩こう!

 
バス停沿いをホテルのほうへ歩きながら、バスが来たら乗る作戦に変更。

夜に約3kmの道を徒歩で帰るという苦行。結局バスは通らず、徒歩のみで帰る。

帰って、昨日は出なかったホットシャワーを浴びて就寝。

 

まとめ

 

この日はガパオライスに出会えた運命の日でした。

アユタヤ遺跡はどうせタイに来たなら行っておくべきだとは思いますが、一日中時間を潰せるような場所ではないかなーと。

なんにせよ、電車は本数が少ないので、お金に余裕がある方はロットゥーをチャーターした方が、時間を有効に使えるかもしれません。

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
▼旅の続きはコチラ▼

関連記事

  2日連続観光地を回ってハードだったので、4日目はタイマッサージに行ったりして、リフレッシュの1日にすることに。   ▼前日の旅の様子はコチラ▼ [sitecard subtitle=関連記事 ur[…]

ではまた!