TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

東南アジア旅行[15日目]ー秘境バンゾックの滝&高台のお寺巡り

 

前日に夜行バスに乗り込んでカオバンへ向かったのですが、この日はいよいよカオバンからバンゾックの滝へ。

そこは秘境と呼ぶに相応しい場所でした。

 
▼前日の旅の様子はコチラ▼

関連記事

  前日にハロン湾ツアーを終えたので、次は中国とベトナムの国境にあるバンゾックの滝に行ってみることに。 行く方法を調べたのですが、どうやら夜行バスしかないようなので夕方までハノイ旧市街で時間を潰すことに。 ▼前日[…]

 

カオバンからバンゾックの滝へ。お寺(Truc Lam Phat Tich Pagoda)からの景色がおすすめ

 

カオバンからバンゾックの滝へのバス

 

ハノイからの夜行バスに乗って、朝方あまり寝れずにボーとしていると何やらバスターミナルのような場所に到着
地図で確認すると、どうやら目的地のカオバンバスターミナル(Bến Xe Khách Thành Phố Cao Bằng)に着いたらしい。
慌てて降りてバンゾックの滝へのバスを探す

※ここが終点だと思っていたのですが、降りない人もいたので終点ではないようです。到着時間の前には起きて確認しておく必要がありますね。

 

とりあえずその辺にいたおばちゃんを捕まえてみる。

かつだむ
おばちゃん、バンゾックの滝に行きたいんだけど、どのバス乗ればいいか分かる?
???
かつだむ
英語が通じない
かつだむ
Waterfall!

 
ボディランゲージでなんとか伝えると、1台のバスへ案内される
そこでバンゾックの滝の写真を見せられました。

かつだむ
このバスで大丈夫そうだな。

 
バンゾックの滝行きのバスに乗るのも成功した様子。

 
1番乗りだったのですが、発車を待っていると思っていた以上に人が乗ってくる。
あっという間に満員に。しかも椅子が硬くて地獄。

かつだむ
この状態で3時間か…

 
絶望しながら滝へ向けて出発

 

雨季の滝は迫力十分

 

薄暗い中、1時間半ほど山道を飛ばし、小さな町に到着。
どうやら休憩タイムのよう。
多数の人がバスを降りるのですが、置いていかれるのが嫌だったのでバスの中で非常食(オレオ)を食べました

道中は田舎の山奥という感じの景色。

そこからさらに1時間半ほどかけてようやく滝へ到着。

料金(7000ドン)を払い、降りると、一緒に降りたのはもう1人だけ。

かつだむ
みんなここが目的地じゃなかったのか…。

 
人の少なさに驚愕しながらも、とりあえず滝に向かうことに。
 

入場する前からその姿が見えます。

赤いバルーンをくぐってすぐ右の建物で入場料(45000ドン)を払う

道なりに進んでいくと滝が近づいてきます。

そして滝が目の前に!(晴れていると虹も撮れる)

かつだむ
迫力あったし、虹も見られたし良かった!

 

※滝に近づくと、かなり水しぶきが飛んできます。なので地面もべちゃべちゃ。足元には気を付けたほうがいいです。

 

バンゾックの滝の場所はコチラ↓↓

 

近くのお寺からの景色

 

滝を一通り見終わったので、次はお寺からの景色を見に行くことに。

歩いて行けそうだったので、誰もいない炎天下の道を歩く
お寺の入り口を間違えて、民家の番犬に吠えられながらも、なんとか入口に到着。(大きな門が目印)

そこからひたすら坂道を登ります

坂を登り切ってもまだ終わりではありません。(ここからは滝があまり見えない。)

そこから階段を登ってさらに上へ

1番上に到着!

かつだむ
あんまり滝見えない…。

 
思ったような景色ではありませんでしたが、奇妙な形の山が広がる景色を見ることができます。
雲の影がはっきり分かるぐらい何もない。
秘境感満載で最高でした

お寺の場所はコチラ↓↓

 

バンゾックの滝からハノイへの道のり

 

熱中症の疑い

 

見たいところも見たし帰ろうと思ったのですが、炎天下で坂を登ったりしたのでヘトヘト
レストランらしきものがあったので、休憩がてら昼飯を食べることに。

あまり食欲がなく、牛串だけ頼みました。(味は普通)

 
食後も少し休憩していたのですが、ずっと体がだるい

かつだむ
もしかして風邪ひいたかな…。
かなり熱っぽい
かつだむ
あと、頭が痛すぎる
かつだむ
でも、悪寒とかはないし…。
もしかして熱中症

 
夜行バスで睡眠不足ご飯もしっかり食べていない炎天下で動き回っていた
十分あり得そうです。

 

カオバンへのバス

 

熱中症の可能性もあるのでスポーツドリンクを買おうと思うが、ここはコンビニなんかないド田舎

かつだむ
早いことバスターミナルへ帰って、水分取りながらゆっくりしよう。

 
しかしカオバン行きのバスがなかなか通らない。(帰りは適当に道を走っているバスに手を挙げて乗る感じ。)
30分ぐらいは待ったでしょうか、滝の入口あたりからバスが出発しそうだったので乗ることに

行きとは違い乗客は少なく、座席を広く使えたので助かりました。

頭痛が酷すぎて完全にダウンしながら、エアコンも効いてないバスに揺られること3時間。
ようやくカオバンへ帰ってきました

 

バスターミナルで5時間待機

 

カオバンへ着いたのはいいのですが、早く帰ってきたのでまだ15時
夜のハノイ行きのバスは20時発なので5時間もの待機時間

とりあえずスポーツドリンクを探してみるが、どうやらなさそう。
水じゃない何かを飲んだ方が良さそうだったので、オレンジジュースを飲む

ベンチに横になってみるが、待合室は暑すぎて寝れそうにもない

しんどかったのでとりあえず目を瞑っていました

 

そして、18時ぐらいになると、ようやく20時も見えてくる。

かつだむ
晩飯食べる時間ないだろうし、この辺で食べておくか
食欲ないけど、食べないと調子良くならないかもしれないし。

 
適当にレストランを探し、スペアリブのようなものを注文。

かつだむ
まず…
汁も冷たいしなんだこれ。

 
クーラー効いてる以外は良いとこなしでした。

ターミナルには近いけどおすすめできないレストランです↓↓

 

ハノイへ帰るバスで爆睡

 

晩飯を食べて待合室に戻ると、もう19:00ぐらいだったので、ハノイ行きのバスを探す。(チケットは必要ないとチケットブースの人に言われたので、そのまま乗るつもりだった。)

「Hanoi」と書かれたバスの前にいた人に話しかける

かつだむ
ハノイ行きですか?
もしそうなら乗りたいんですけど。
???
かつだむ
だめだ、英語は通じない。

 
Google翻訳を使いながらお願いをして、乗れることに

横になりたかったのでバスへ乗ろうとするが、エアコンはまだ付けないというので断念。
結局19:50分になって、やっとエアコンの付いたバスに乗ることができました

そしてやっと横になる

かつだむ
そろそろしっかり寝ないとダメだな
体調戻すためにも。

 
睡眠に本気を出すために、1番後ろのシートで寝ることに。(1番後ろだけ5人分のシートがあり、人が少なければ2シートぐらい占領できる)

そしてこの選択が大正解。
結局誰も1番後ろには来ず、5シート丸々占領して爆睡しました

 

まとめ

 

この日はベトナムの秘境バンゾックの滝へ行きました

熱中症に苦しめられましたが、なんとかお目当ての景色をみることは出来ました。
個人的には滝の目の前に行くよりも、お寺からの景色のほうが好きでした

滝周辺は本当に何もないので、食料や水分はハノイで多めに用意していった方がいいです

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
▼旅の続きはコチラ▼

関連記事

  バンゾックの滝から帰ってきて熱中症の影響でダウンしていた日。 夜行バスでホイアンへ向かった日。 合わせて2日間の記事です。   ▼前日の旅の様子はコチラ▼ [sitecard subtitle[…]

ではまた!