TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

東南アジア旅行[13日目]ーハロン湾で雷雨の中カヤック。そして再びハノイへ

 

この日でハロン湾1泊2日ツアーも2日目
昼まではハロン湾を楽しみ、その後は再びハノイへ

天気には恵まれませんでしたが、記憶に残る2日目になりました

 
▼前日の旅の様子はコチラ▼

関連記事

  前日にハロン湾1泊2日ツアーを予約したので、この日から一旦ハノイを離れることに。 ハロン湾は今回の旅の中でも1番楽しみにしてた行先のひとつ。 1人で船上泊をするのも初めてだし、だらだらするのが楽しみでした。 […]

 

ハロン湾2日目は朝から雷雨。カヤックは強行

 

朝日は見られず

 

前日に夕日が見られたので、朝日も見られるかもしれないと思い早起きをする。(5:30起床)

しかし、いざ起きてみると外からは激しい雨の音

かつだむ
こりゃ朝日は無理だな
カヤック体験もないだろう

 
と思ったものの、再び寝付くことができなさそうだったので、デッキへ行ってみる

とりあえず屋根がある場所で横になる。

かつだむ
カヤックは6:30からって言ってたから、それが本当に中止だったら部屋に帰るか。

 
そんなことを考えながら、雨のハロン湾を眺めていました。

かつだむ
雨のハロン湾も雰囲気あっていいな。
ドラゴンが出てきそう

 

雷雨の中カヤックを強行

 

雨の中デッキで待っていると船員が

カヤック体験したい人は6:30にボートに乗り換えてねー
かつだむ
カヤックやるんかーい!
日本だったら絶対中止だよ…。
かつだむ
…でもなんでもすぐ中止にするより、こんな感じのほうが楽しいな。

 
ベトナム人の安全管理に疑問を抱きつつも、雷雨の中のカヤックが楽しみで仕方ない

そして6:30になり、乗客の約3分の1が参加する形でカヤッキングがスタート。
まずはボートでカヤック置き場へ移動。(船員空見すぎ、絶対天気やばいと思ってる。)

じゃあここからカヤックに乗って、適当に回って戻ってきてください!
かつだむ
いいな、この自由な感じ

 
そしてカヤックに乗り込む。

難破船のような謎の船に近づいてみたり。

写真撮ってもらったり

30分ぐらい湾をブラブラして、カヤック体験は終了。

 
最後に、この雷雨の中カヤックをした同志と記念撮影

理想的なカヤック体験ではありませんでしたが、ある意味心に残る体験ができました
こういう体験のほうが記憶に残りますしね。

 

真珠養殖場見学

 

カヤック体験が終わった後は朝食を食べ、真珠養殖場の見学へ

海の上に浮かぶ養殖場は、日本人が作ったようです。

養殖場ではたくさんの職員が働いていて、慣れた手つきで仕事をこなしています。

 
貝を開ける人

核を挿入する人

 
一通り見終わると、真珠販売所に連れて行かれます。

真珠の相場が分からなかったので、安いかどうかは分かりません
ただ、「普通に綺麗だなー。」ぐらいの感想でした。

 

ハロン湾クルーズが終了。再びハノイへ

 

船のメンバーとアドレス交換

 

真珠養殖場見学が終わり、クルージングも残すところあとわずか

昼食の為に席に着いてゆっくりしていると、シンガポール人の親子が声をかけてくる。

撮った写真送りたいから、アドレス教えてくれないですかー
かつだむ
いいですよー!
また送りますねー!
かつだむ
ありがとうございます!

 
という感じで、シンガポール人とカナダ人(相部屋だった人)とアドレスを交換

日本に来る時は頼ってくるように言っておきました笑

 

バスでハノイへ

 

昼食を食べて、船着き場で船を降りる。

2日間お世話になった船に別れを告げ、バスに乗り込む。
そこからは行きと同じように、ひたすらバスの旅
途中のトイレ休憩では、シンガポール人の親子にマンゴーを貰って世間話

お互いが泊まっている宿の話。
お父さんが携帯を使いこなせないこと。

僕の下手な英語でも理解しようと頑張ってくれて、とても嬉しかったです。(英語頑張ろうとも思った。)

帰りは一緒に過ごしたメンバーにお礼を言って、握手をしながらバスを降りました

かつだむ
いい人達に巡り合えて本当に良かった。
やっぱ旅はいいな。

 

ハノイで泊まる2つ目のホテルは失敗

 

従業員が不親切。全てが汚い

 

ハロン湾から帰ってきて、2回目のハノイ。
1回目とは違うホテルを予約してみましたが、これが失敗でした。


とりあえずベットが汚い。
もちろんシャワーもトイレも汚い。
従業員からのホテルの説明もなし。

かつだむ
1回目と同じホテルにすれば良かったな

 
軽く後悔しながら、予約してしまったのは仕方ないので我慢することに。

ホテルの場所は一応載せておきます(やめたほうがいいという意味で)↓↓

 

晩飯は宿の真横でフォーを食べる

 

早朝から起きていて疲れたので、とりあえず休憩することに。
夜になると腹が減ってくるが、食べに行くのも面倒なぐらい疲れている

かつだむ
近くに飯屋ないかな…。

 
Googleマップで調べると、ホテルの真横にフォーの屋台が

かつだむ
ここでいいや!

 
という感じで、ホテルから徒歩10秒のフォー屋台に到着

席に着くと勝手にフォーが運ばれてきます。

かつだむ
うまい!
スープに変なクセもないし、パクチーも控えめ

日本人の口に合いそうなフォーでした。
しかも値段は45000ドンとお安い。(揚げパンは1個5000ドン)

適当に選んだフォーの店だったのに、かなり美味かったので大満足でした。

 

まとめ

 

ハロン湾の2日目は天候に恵まれませんでしたが、雷雨の中でのカヤックや、霧が広がるハロン湾を見ることができたので良かったです。

ハロン湾ではたくさんの人と仲良くなることが出来て、とても良い思い出になりました。
これも1泊2日のツアーだからこそかなと思います。
もしこれから行くことを考えているなら、是非1泊してみて下さい。

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
▼旅の続きはコチラ▼

関連記事

  前日にハロン湾ツアーを終えたので、次は中国とベトナムの国境にあるバンゾックの滝に行ってみることに。 行く方法を調べたのですが、どうやら夜行バスしかないようなので夕方までハノイ旧市街で時間を潰すことに。 ▼前日[…]

ではまた!