TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

東南アジア旅行[12日目]ーベトナムの世界遺産「ハロン湾」の船上泊ツアー。

 

前日にハロン湾1泊2日ツアーを予約したので、この日から一旦ハノイを離れることに。

ハロン湾は今回の旅の中でも1番楽しみにしてた行先のひとつ
1人で船上泊をするのも初めてだし、だらだらするのが楽しみでした。

 
▼前日の旅の様子はコチラ▼

関連記事

  前日無理やり女性専用ルームに入れられ、肩身の狭い思いをしたかつだむ。(すぐ爆睡したので大嘘) 無事ベトナムへ入国したので、この日は行きたかったハロン湾ツアーを予約することに。   ▼前日の旅の[…]

 

ハロン湾への移動はひたすらバス。(途中でトイレ休憩あり)

 

EZ STAY Hanoiでピックアップ

 

ハロン湾はハノイからかなり距離があるので、集合時間は早朝
6:30に起きて宿の朝食を食べた後、EZ STAY Hanoiへ向かう

EZ STAY Hanoiでは、僕の他にもハロン湾ツアーに行く人が待っていたのですが、皆日帰りのツアーでした。

バスが来るまでの待ち時間は、テルマエロマエ(宿に置いてあった)を読んだり、宿泊客とお喋り。
テルマエロマエを1巻と半分ぐらい読んだところでバスが到着。

乗り込んで、しばらくするとバスは出発

 

まさかのバイクに乗り換え

 

しばらく走っていたバスですが、途中で急に停車
そして、どうやら日帰りの人が降ろされている様子。

かつだむ
ここで日帰りと1泊2日の人が分かれるようになってるのか
同じ船じゃないからだろうな。

 
呑気に考えていると。

何してるんだ?降りるんだぞ?
かつだむ
え、どこ行くの?
バスを変えるんだ

 
聞いてない展開だったが、降りないと違う場所に連れて行かれそうだったのでとりあえず降りる
するとバイクのお兄さんが近寄ってくる

かつだむ
おはよう!
君は…かつだむだね
かつだむ
そうです!
じゃ、行こうか!
かつだむ
…怪しいな。
かつだむ
でも名前知ってるってことはツアー関係者だろうし大丈夫か。

 
半ば強引にノーヘルでバイクの後ろに乗せられ、違うバスへ移動。
バスはさっきより大きく、ちゃんとハロン湾に行きそう。
荷物を預けてバスへ乗り込む。1番乗りでした。

 

ひたすらバスで移動

 

バスに乗り込んだ後は、いくつかのホテルでツアーの参加者をピックアップしてようやくハロン湾へ。
バスの中では、お兄さんがツアー内容ハロン湾の歴史などを話していました。

その後はひたすらバスに揺られる時間が続き、音楽、映画、睡眠で時間を潰す。

2時間ぐらいするとトイレ休憩
ここでは軽い食べ物やお土産も売っています

絵を描いている人がいっぱいいて、その絵も売られている。

そしてまたバスで揺られること約2時間、ようやくハロン湾に到着

 

ハロン湾クルーズスタート&デッキでのんびり

 

ボートで船まで移動

 

ハロン湾に到着すると、まずは荷台に預けていた荷物を受け取るのですが、これが最悪。
荷台が汚すぎて、リュックもかなり汚れていました
カバーをしていたのでよかったですが、してなかったらドロドロです。

イライラしつつも、とりあえずボートに乗るように言われたのでボートに乗り込む。

そして船に到着

かつだむ
意外とボロイな。

 
ベトナムにしては高額なツアーだったので綺麗な船を予想していたのですが、最低限の船という感じ
もっと高額なツアーもあるので、そっちなら豪華客船みたいな感じなんでしょうね。

 

いきなり昼食

 

船に到着すると、いきなり昼食が始まります。

6人テーブルで大皿の料理をシェアするスタイルだったのですが、適当に座ると周りは見知らぬ欧米人5人

かつだむ
食われる前に食わねば!

 
勝手な印象で欧米人はめちゃくちゃ食べるもんだと思ってました

しかし、実際は全然食べずに早々に席を後に。(フルーツだけ食べていた)
シンガポール人やベトナム人もいたのですが、その方たちはしっかり食べていました。

かつだむ
「もったいない」っていう考えがあんまりないのかな。

 
その後はテーブルの料理を独り占めしていました。

 

デッキでのんびり景色を楽しむ

 

食後はデッキに上がり、ハロン湾の景色を楽しむことに。
デッキにはすでに乗客がたくさんいました。

謎のダンベル。筋トレしたければできます。

ハロン湾は200000ドン札の裏側に描かれています。

 

ハロン湾最大の鍾乳洞を探検

 

インド人とシンガポール人に話しかけられる

 

昼食を食べてしばらく休憩すると、次は鍾乳洞見学
ボートに乗り換え、鍾乳洞へ。

鍾乳洞に行くまでの道中では

どこから来たの?
かつだむ
日本です!英語あんまうまくないけどよろしく!
そんなの全然大丈夫だよ!
よろしくね!

 
 
とインド人のおじさんに話かけられたり
 

日本人かい?俺は日本で働いてたんだよ。
かつだむ
そうなんですか!
イシカワハリマジュウコウ…?
かつだむ
え、IHI!?
すごい、大企業ですね!

 
などと会話をしたり。

無事、同じ船の乗客とも仲良くなりました

 

鍾乳洞はイマイチ

 

鍾乳洞へ入ったものの、正直あまりすごいとは思いませんでした。
日本の鍾乳洞と規模は変わらない

ツアーのガイドの方も説明をしてくれていましたが、あまり興味ないので展望台からの景色を楽しむ

大半の乗客は普通に鍾乳洞を抜けたのですが、鍾乳洞内はアップダウンが激しいので体重が重そうなおばさまは少し辛そうでしたね。

 

海水浴&島の頂上からの景色

 

島の頂上への道のり

 

鍾乳洞見学が終わると、とある島に移動

1時間この島で自由に過ごしてください。
ビーチで泳ぐもよし、展望台へ行くもよし
展望台への道はけっこう険しいですけど。
かつだむ
まず展望台に行ってみるか。
その後、汗を流すのも兼ねて海水浴を楽しもう。

 
基本的には小さい島なので、迷うことなく展望台への道を発見。

かなり急な階段を15分ぐらい登るとようやく展望台へ到着。

かつだむ
高いところから見ると綺麗だな。
でも天気が残念。

 
10分ぐらい休憩して、展望台を後にしました。

 

ビーチでワニになる

 

展望台から降りてきて、海水浴を楽しもうと思ったのですが。

かつだむ
貴重品置いておくの怖いな。
仲良くなった乗客に預けるのもアリだけど、まだ信頼できんし…。

 
そして考えたのが、「ビーチに置きっぱなしにするけど、絶対に目を離さない」という作戦。

人が少ない場所に荷物を置いて、いざ海へ。
自分の荷物を睨みながら、海にがっつり入る変態が完成。

傍から見たら、じっと獲物を狙うワニのようだったでしょうね。

 

雨季にも関わらず、夕日が見られて感動

 

船へ帰りシャワーを浴びる

 

海水浴タイムが終わると、この日の船外でのイベントは終了
船でシャワーを浴びます

部屋は2人部屋しかないようで、カナダ人と相部屋でした。

カナダ人とも軽く会話を交わしながら、交代でシャワーを浴びる。
ベッドは綺麗ですが、シャワーはあまり綺麗ではありませんでした。

 

半分諦めていた夕日が見られる

 

シャワーを浴びてベッドでうとうとしていると、窓から夕日が見えていることに気付く。

かつだむ
曇ってたのに夕日出てる!?

 
急いでデッキに上がると、綺麗な夕日が

日が落ちた後のハロン湾。
船の光が水面に反射して綺麗です。

かつだむ
こういう景色は、船で泊まらないと見られないからな。
やっぱり1泊2日のツアーにしてよかった

 
諦めていた夕日を見ることができて大満足でした。

 

夜風に吹かれながら生春巻き作り

 

クッキングクラスと晩飯

 

日が落ちて18:30頃になると、デッキでクッキングクラスが始まります

まずはワインで、みんな仲良く「モッハイバーヨー!
ベトナム流の乾杯らしい。

 
そして生春巻き作り

なかなか美味しくて、5個ぐらい作って食べました。

 
そして、クッキングクラスの後は晩飯。

昼と同様、周りが全然食べないので1人黙々と食べてました。

 

ベトナム人船員とサッカー観戦

 

食事後に船員に

日本人でしょ?
アジアカップの決勝見ないの?
かつだむ
え、アジアカップ?
そう、サッカー今やってるよ!

 
僕は完全に忘れていたんですが、この日はたまたまアジアカップの決勝戦[日本×韓国]が行われる日だったらしく、船員はみんな楽しみにしているようでした。

かつだむ
せっかくだから見るよ!

 
そしてベトナム人と一緒にサッカー観戦

ベトナム人は、なぜか分からないけど日本をめちゃくちゃ応援していました

結果は日本が負けてしまったのですが、船員がみんな慰めてくれたのが面白かった笑

 

夜風に吹かれながらうとうと

 

ハロン湾での1日目が終了し、デッキで夜風に吹かれながらうとうと

夜のハロン湾は涼しくて、風も弱く穏やかでした。

かつだむ
ずっとこうしてたい…。

 
口に出して叶うわけじゃないけど、そう言いたくなるぐらい素晴らしい時間

こんな素晴らしい時間をくれた、この場所へのお礼ということにしておく。

 

まとめ

 

この日は、楽しみにしていたハロン湾クルーズの1日目でした。

開放的な船のデッキでゆっくりしたり、ビーチで泳いだり、鍾乳洞に行ったり。
非常に濃い1日でした。

目当ての1つだった夕日も見ることができてよかったです。

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
▼旅の続きはコチラ▼

関連記事

  この日でハロン湾1泊2日ツアーも2日目。 昼まではハロン湾を楽しみ、その後は再びハノイへ。 天気には恵まれませんでしたが、記憶に残る2日目になりました。   ▼前日の旅の様子はコチラ▼ [[…]

ではまた!