TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

東南アジア旅行[23日目]ーMBKセンターでお土産探し。タイ料理の天国と地獄

タイに帰還して1日目は、お土産探しをしながら中心地をブラブラすることに
昼と夜に有名料理店に行ったのですが、その2つは天国と地獄でした。

 
 

▼前日の旅の様子はコチラ▼

 

関連記事

  いよいよベトナム出国の日。 ダナンからバンコクへ最後の移動をして、旅の終わりも見えてきました。   ▼前日の旅の様子はコチラ▼ [sitecard subtitle=関連記事 url=https[…]

 

巨大カオマンガイとスタバのタイ限定商品

 

巨大カオマンガイで有名な「Sri Lueng Pochana」へ

 

この日も相変わらず起きるのが遅かったので、朝飯か昼飯か分からない食事をしに行く。
宿の近くに巨大カオマンガイで有名な「Sri Lueng Pochana」という店があったのでそこに行きました。

 

 

かつだむ
…絶対ここだ。少女の手にあるのはまぎれもなく巨大カオマンガイ。

目当ての店だという確信を得たので店内に入ると、まず目に入ってきたのは巨大カオマンガイの食品サンプル

 

 

かつだむ
これは無理だわ。
完食できたら無料になるらしいけど無謀すぎる

いけそうならチャレンジしてみようと思ってた自分はどうかしてました。
こんなの普通の人は食べきれません

 
 

巨大カオマンガイは諦めたのですが、かなり腹が減っていたのでBIGサイズのMIXカオマンガイ(110バーツ)を注文することに。
普通サイズは55バーツで、揚げチキン、茹でチキンどちらを選択しても料金は同じでした。

 
 

そしてBIGサイズのカオマンガイが運ばれてきます

 

 

かつだむ
美味い!
けっこう多いけどこの味なら余裕
むしろ天国

タイ料理で2番目に好きなカオマンガイに大満足したところで、BTSに乗りバンコクの中心地へ向かいました。
巨大カオマンガイの食品サンプルはネタになりますし、味も美味しいのでおすすめですよ!

 

 

スタバのタイ限定商品

 

BTSサイアム駅で降りて、まず向かったのはサイアムスクエアワン
でも特に目的があった訳でもないので、とりあえずスタバに行ってみることに。
すると数々のタイ限定商品がありました

 

 

かつだむ
南国って感じの商品が多いな。…それにしてもウサギだらけなのはなぜだ?

※後から調べたところ、ウサギが描かれているものはタイの十五夜限定商品らしいです。この時期だけみたいですね。

 

MBKセンターはコピー商品だらけ

 

雑貨が大量

 

サイアムスクエアワンは早々に飽きてしまったので、次にMBKセンターに行ってみる。MBKセンターはサイアムスクエアワンから徒歩5分ぐらいの場所にあります。近代アートのような高架を抜け、MBKセンターへ到着

 

 

MBKセンターでお土産を見るならおすすめなのが6階
様々な雑貨やコピー商品が並んでいます
もちろん値引き交渉もできます(というかそれ前提でふっかけてきます)。

 
 

栓抜きや、タイ感満載のマグネット

 

 

ぬいぐるみもいっぱいあります。(お土産には嵩張るけど…。)

 

 

ウインドウショッピングが好きならけっこう楽しめると思いますよ!

 

コピーTシャツ&パーカー

 

お土産にコピーTシャツを買ってきてほしいと言われていたので、とりあえず色々な店を周ってみる。

 
 

キャラコラボ系のコピーTシャツ

 

 

その他にもパーカーなど、たくさんのコピー商品があります。

 

 

かつだむ
とりあえず値段聞いてみるか…。
かつだむ
すいません、Tシャツとパーカーそれぞれいくらですか?
Tシャツが200バーツ、パーカーが400バーツだよ。
かつだむ
高いな…。
シェムリアップだったらTシャツ1.5ドルだったのに…。
4倍じゃん。
かつだむ
シェムリアップで買っておけばよかったな…。

若干後悔しましたが、もうタイにいるからここで値切るしかないと切り替える。
その後値引き交渉を頑張ってはみたのですが、Tシャツ150バーツ、パーカー300バーツが限界
仕方ないのでその値段で購入しました。

 
 

※所詮コピー商品なので、シェムリアップで買おうがバンコクで買おうが質は同じ
それなら安いシェムリアップで買うのがおすすめですね。
シェムリアップでも値引き交渉は必須ですが…
値引交渉のコツは以下の記事でまとめています。

 

関連記事

  こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。     今回は、「カンボジア(シェムリアップ)でおすすめのお土産と値切り交渉術」を紹介します。    […]

 

 

晩飯は高級料理??

 

プーパッポンカリー

 

MBKセンターでそこそこエネルギーを使った後は、晩飯に何を食べるか考える

かつだむ
タイでしか食べられないもの食べたいな…。

MBKセンターのベンチでググってみると、なにやらプーパッポンカリーというものがおすすめらしい。
簡単に言うと「蟹のカレーココナッツソース炒めの卵とじ」みたいな料理です。
しかもそのプーパッポンカリーで有名な店が、サイアムスクエアワンにあるという奇跡(MBKセンターから徒歩5分)。

かつだむ
行くしかない!

そして歩くこと5分、到着した店が「Somboon Seafood」。高級店のような雰囲気で少し入りづらかったです。

 

 

とりあえず目当てのプーパッポンカリー(418バーツ)を注文
そして運ばれて来る巨大な皿

 

 

かつだむ
蟹の殻が粉々になってて食いにくいな…。

食べにくさに困惑する。
しかも、高級店特有の雰囲気のせいで蟹を手で剥きにくいんですよ。
そして食べ進めていくと異変に気付く

 
 

かつだむ
…ちょっと待て、油っこすぎないか…?

よく見たらほとんど油。もはや「食用油(卵と蟹を添えて)」という感じ。
とりあえず食べましたが、思い出しただけで胸やけがします
値段のわりに美味しくもなかったし…。
この料理のせいで寝るまでずっと気分が悪かったです。

 
 

まさに地獄
Somboon Seafoodでプーパッポンカリーを食べようと思っている方は、1皿を複数人でシェアして食べるようにした方がいいです。
1人で1皿食べるのはやめておいた方が身の為ですよ。

 

 

まとめ

 

この日はMBKセンターでお土産探しをして、タイ料理で有名な2つのレストランへ行きました。

 
 

タイのお土産を探すなら、とりあえずMBKセンターの6階に行けば間違いないかと思います。
雑貨や衣類なら基本的になんでもありますから。
昼飯のカオマンガイと晩飯のプーパッポンカリーを比べると、値段4倍、美味しさ1/10といった感じ。
他の店で食べたら違うのかもしれませんが、1番有名な店であの感じだと、今後食べることはないかもしれませんね。

 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
▼旅の続きはコチラ▼

 

関連記事

  前日のプーパッポンカリーの気持ち悪さを微妙に引きずりながらも、この日はホテルを変更。 懲りずにタイグルメに挑戦するが…。   ▼前日の旅の様子はコチラ▼ [sitecard subtitle[…]

 

東南アジアバックパッカー旅の様子は以下の記事でまとめて紹介しているので、ぜひご参考に!
アンコールワットで有名な「シェムリアップ」、バックパッカーの聖地「バンコク」など、様々な都市での体験談を載せています。

 

関連記事

こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。 今回は、東南アジアバックパッカーの様子をまとめて紹介しようと思います!     僕が東南アジアへバックパッカー旅をしたのは大学院1年生の頃で、期[…]

 

ではまた!