TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

【東南アジア】参考費用とおすすめルート【バックパッカー】

かつだむ
こんにちは!

今回は、東南アジアへバックパッカーする時の「費用」「ルート」について解説していきます。

こまひつ
バックパッカーしてみたいけど、どれくらいお金かかるんだろう…。
こまひつ
どんなルートがいいんだろう…。

そんな方の参考になれば幸いです。

 

東南アジアバックパッカーの期間とルート

 

期間は約1ヵ月

 

 
まずは「期間」についてです。

 
 

僕は、大学院の夏休みを利用して「27日間」東南アジアへバックパッカーをしました。
ほぼ1か月ですね。
※行き帰りの日本での2日含む。

 
 

元々2週間ぐらいにしようと思っていたのですが、どうせ行くならできるだけ長くしようと思い、研究に支障が出ない範囲で滞在した結果です。
大学生バックパッカーであれば、これぐらいの期間がいいのではないでしょうか
これぐらいの期間であれば、「準備したり」「帰ってきてお土産を渡したり」といった時間も、全て長期休みに済ますことができますね。

 
 

ちなみに、滞在した国の内訳は以下の通り。

 

滞在国 滞在日数
日本 2日
タイ 8日
カンボジア 5日
ベトナム 12日

 

ベトナムが多いですね…
というのも、ベトナムでは「ハノイ」「ホイアン」「ダナン」という3都市に滞在したからです。
それに比べて、タイは「バンコク」、カンボジアは「シェムリアップ」だけなので、ベトナムに比べて短いというわけです。

 
 

しかも、ベトナムではハロン湾で一泊したり、バンゾックの滝へ2日かけて行ったりしましたからね。
※ハロン湾やバンゾックの旅の様子は、以下の記事に詳しく書いています。

 

 

ルート

 

 

お次は「ルート」について。

 
 

僕が、東南アジアを約1カ月かけてバックパッカーした国は「タイ・カンボジア・ベトナム」の3カ国です。
もともと、ラオスやマレーシアも行こうと思っていたのですが、時間的に厳しかったです。
※以下、大まかなルート。
地図外枠左上のアイコンから凡例を操作できます。

 

▼おおよそのルート(関空➝タイ➝カンボジア➝ベトナム➝タイ➝関空)

 

1カ国当たりの滞在時間を減らせば、同じ1か月でも、もっとたくさんの国に行けると思います。
でも、それだと「移動だらけになってしまう」のが嫌だったんですよね。
僕自身、この東南アジアバックパッカーの道中で「1つの街に長く滞在すること」に魅力を感じて、移動する回数を減らしました。

 
 

なんにせよ、東南アジアは航空券も安いです。
行きたい場所があればすぐに行けますから、無理して1回で全部回ろうとしなくてもいいと思いますよ。

 
 

また、旅の前にルートを決めるのもいいですが、思い通り進まないこともある点には注意
何かあった時、臨機応変に対応できるように、あまりガチガチに予定を詰めすぎない方がいいですね。
※僕も熱中症になって予定変更しましたから…。

 

▼熱中症になって死を覚悟したバンゾックの滝

関連記事

  バンゾックの滝から帰ってきて熱中症の影響でダウンしていた日。 夜行バスでホイアンへ向かった日。 合わせて2日間の記事です。   ▼前日の旅の様子はコチラ▼ [sitecard subtitle[…]

 

僕の場合は

かつだむ
とりあえずバンコク行って、そこからシェムリアップに行く。
かつだむ
その後はハノイかラオスに行って、帰りの飛行機の2~3日前にはバンコクに帰ってこよう。

ぐらいのザックリした感じでした。
おかげで行きたいところも行けて、大満足で帰国しました

 

東南アジアバックパッカーで掛かった費用

 

 

さて、最後は気になる「費用」
旅費が安いと言われる東南アジアですが、どれぐらいの費用が掛かったのでしょうか。

 

東南アジアバックパッカーで掛かった費用「総額」はズバリ…

 

まずは「総額」から。

 
 

約1カ月の旅で掛かった費用は、ズバリ「¥141,835」
一日当たり「¥5,253」の計算です。

 
 

この計算には「航空券」や「お土産」も入っているので、実際に現地で掛かった費用は10万円ほどです。
「思ったより高い」という印象なのではないでしょうか。
しかし、これは僕がお土産を買いすぎたのが原因です笑
あとは「ハロン湾船上泊ツアー(約1万円)」に、参加したことも大きかったですかね…。

 
 

節約して回るのであれば、1か月の滞在でも15万あれば十分です。
節約しなかった僕でも、15万円掛かってないですからね。
※ただし、宿は安いドミトリーを選んでいました

 
 

あと、旅行を計画する際に気を付けてほしいのが、「準備にもお金が掛かる」ということ。
初海外バックパッカーなのであれば、色々買い揃える必要がありますからね。
ちなみに、僕は初海外バックパッカーだったのですが、準備だけで「1万5000円」ぐらい掛かっています
なので、「準備~帰宅までの総額」としては、「約16万円」掛かったということです。

 

旅費の内訳(目的別)

 

さて、旅費の総額は約14万円ぐらいだったのですが、その「内訳」はどうなっているのでしょうか。
大きく分けると、以下のようになっていました↓↓

 

 

やはり、航空券が高いので、「交通費」が1番高くなってしまいますね。
「観光費」も、場所によってはかなり取られますから、高くなるのも納得です。

 
 

旅をする上で必須の「宿泊費」や「食費」は、約3万5000円と格安
1日当たり「1000円」ぐらいです。
さすが東南アジアですね。

 
 

「お土産」は色々買ったんですが、「スタバの限定商品」をたくさん買ったのが大きいですね。
普通にお土産を買うなら1万円も掛からないと思います。
カンボジアへ行こうと考えているのであれば、以下の記事が参考になると思います。

 

▼カンボジアのおすすめ土産と値引き交渉術

関連記事

  こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。     今回は、「カンボジア(シェムリアップ)でおすすめのお土産と値切り交渉術」を紹介します。    […]

 
 

「通信費」は、そのまま「SIMカードの値段」です。
今の時代、海外旅行ではネット環境がないと、正直かなりきついです。
レンタルWi-Fiなどを利用すると高いので、海外旅行ではSIMカードでネット環境を手に入れるのがおすすめ
僕はSIMフリーのモバイルWI-FIルーターを愛用しています。

 

旅費の内訳(国別)

 

続いて、国別の費用も公開してみます
今回滞在した3カ国の内訳は以下の通り。(都市間の移動費は除いています。)

 

 

綺麗に3等分に分かれています。
ただ、滞在日数が違うので、それぞれの国での1日当たりの費用を見てみます
すると、以下のように面白い結果になりました。

 

滞在国 1日当たりの費用
タイ 4193円
カンボジア 5577円
ベトナム 2546円

 

カンボジアが高くて、ベトナムがかなり安いですね~。
このような結果になった理由としては、「カンボジアの観光費が高い」「ベトナムではあまり高価なお土産を買わなかった」ということが挙げられます。

 
 

カンボジアでは「アンコールワットの入場料」「プレアヴィヒアのツアー代」など、観光費がけっこう高いですからね…。
あと、ビザ代(30ドル)も観光費に入れているのが大きいです。
アライバルビザ取得は、「賄賂要求」に気を付けて下さいね…。

 

▼賄賂要求されたタイーカンボジア国境

関連記事

  この日は、いよいよタイを一旦出国し、カンボジアへ。 何やらトラブルが多いと噂の、タイ~カンボジアの陸路での国境越えです。   ▼前日の旅の様子はコチラ▼ [sitecard subtitle[…]

 

でも、カンボジア(シェムリアップ)はとても良い場所です。
見どころもたくさんあるので、多少無理をしてでも行くのをおすすめします。
特に「プレアヴィヒア」は超おすすめですよ!

 

▼言葉を失った、カンボジアにあるもう1つの世界遺産

関連記事

  前日にアンコールワットに行ったのですが、この日はカンボジアのもう1つの世界遺産であるプレアヴィヒアへ。ついでにベンメリアにも行きました。 プレアヴィヒアは今回の東南アジア旅で間違いなく1番良かった場所です。 […]

 
 

 

それぞれの国の内訳(目的別)

 

最後に、それぞれの国の細かい内訳も載せておきますね!

 

▼タイの費用内訳

 

タイでは、お土産を爆買いしてますね~!
バンコクの中心地は、おもしろいお土産がいっぱい売られていて、思った以上に買ってしまいました。
特に「MBKセンター」はバンコクに行くなら要チェックです!

 

▼お土産いっぱいMBKセンター

関連記事

タイに帰還して1日目は、お土産探しをしながら中心地をブラブラすることに。 昼と夜に有名料理店に行ったのですが、その2つは天国と地獄でした。     ▼前日の旅の様子はコチラ▼   […]

 
 

▼カンボジアの費用内訳

 

カンボジアでは、観光にお金が掛かりました
その割合は、驚異の50%超え…
あと、カンボジアでは飲みに行く回数が多かったので、滞在日数にしては食費がかかっている印象です。

 
 

▼ベトナムの費用内訳


 

ベトナムでは、ほとんど観光費が掛かっていませんね
9776円のうち、9000円ぐらいはハロン湾ツアーですから。
観光費を抑えつつ色んなところを見たいなら、ベトナムがおすすめかも!

 

まとめ

 

今回は、僕自身の旅を例として、「東南アジアバックパッカーに必要な費用」「おすすめルート」についてまとめてみました。

 
 

東南アジア旅行は、「滞在費が安い」ということが再確認できました
中でも、ベトナムは1日当たりの滞在費がかなり安いですね。
個人的にはカンボジアが大好きですが…

 
 

東南アジアバックパッカーの様子は以下のページにまとめているので、ぜひ旅の参考にしてみてくださいね!

 

▼東南アジアバックパッカーの様子まとめ▼

関連記事

こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。 今回は、東南アジアバックパッカーの様子をまとめて紹介しようと思います!     僕が東南アジアへバックパッカー旅をしたのは大学院1年生の頃で、期[…]

 
 

以下の記事では、僕が実際に東南アジアに持って行った持ち物を紹介しています。
旅を振り返って「必要だった持ち物」「持って行ったけど使わなかったもの」などをリスト形式でまとめているので、最終確認にも役立つと思います♪

 

▼東南アジアバックパッカー持ち物リスト

関連記事

  こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。     今回は、「バックパッカーに必要な持ち物リスト」を紹介します。     僕は約1ヵ月間東南[…]

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ではまた!