TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

四国原付旅[4日目]ー「祖谷のかずら橋」&がっかりスポット「はりまや橋」

 

こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。

 
 

四国原付旅4日目は、徳島県の「祖谷のかずら橋」、高知県にある日本三大がっかり観光スポットの「はりまや橋」に行きました。
道中では、思いもよらない「あるモノ」との出会いが…。

 
 

▼おおよそのルートは以下の通りです▼
 

 

 
▼前日の旅の様子はコチラ▼

関連記事

  この日はいよいよ四国上陸の日。 子供の頃に四国に行ったことはあったのですが、大人になってからは初上陸。     岡山~香川間はフェリーを使い、香川県では「栗林公園」「金刀比羅宮」に行きまし[…]

 

大歩危峡って…どこ?

 

この日は、見たい場所がたくさんあったので、朝早くに起きて出発することに。
そして、早起きをするといいことがあるもんで、キャンプ場の裏の川がめちゃくちゃ綺麗でした
※ちなみに、前日見た白装束の子供たちは、すでに消えていました。

 

 
 

まず1つ目の目当ての場所「大歩危峡」へ。
…といっても、どこが大歩危峡かというのは明確に分からず、とりあえず道の駅のような場所から、川のほうを覗いてみました。
※この辺り一帯の渓谷を、「大歩危峡」と言うみたいです

 

 

かつだむ
…。
かつだむ
…よし、良く分からないし、祖谷のかずら橋へ行こう。

 

 

祖谷のかずら橋はスリル満点!

 

大歩危峡もそこそこに、楽しみにしていた「祖谷のかずら橋」へ。

かつだむ
祖谷のかずら橋…。
かつだむ
スリル満点らしいじゃないか。

 
吊り橋をあまり怖いと思わないかつだむ
少し挑戦的な気持ちで、山奥へと原付を走らせる。
そして、この道中が寒すぎました…
夏で防寒具がなかったので、レインスーツを着ていましたね。(それでも寒かったです。)

 
 

そんな道中を乗り切り、「かずら橋大型駐車場」
とりあえず、駐輪場にバイクを停める。
すると、駐輪場の前にこんな張り紙が

 

 

かつだむ
…これは!!!
かつだむ
トイレの張り紙効果!!!

 
※トイレの張り紙効果:相手がまだ何もしていないのに、先にお礼を言うことで、その後の相手の行動を支配する効果。(ちなみに、しっかり払わされました。)

 
 

駐車場から少し歩くと、いよいよ橋が見えてきます

 

 

かつだむ
やっぱ大したことなさそうw
かつだむ
ちゃっちゃと渡っちまうかw

 
 

「余裕の表情」で道なりに進み、受付のような場所で通行料(550円)を払う。
すると、橋はもう目の前

 

 

かつだむ
いや、近くで見たら手作り感が強すぎる。
かつだむ
「孤立してる村にある、唯一の川を渡る手段」って感じ。
かつだむ
観光地だから渡るけど…未開の地でこの橋に遭遇したら、絶対に渡らん。

 
 

「ちゃっちゃと渡れる」はずもなく、ビビりながら渡っていく
橋の上で、恐怖心を押し殺して撮った唯一の写真がコチラ。

 

 

ね、「蔦と木」しかないでしょ。
落ちたら流されるし。
こんな信頼できない橋は初めてでした。

 
 

へっぴり腰になりながら、時間をかけてようやく渡り切る。
思った以上のスリルを味わえたので、来てよかったです。
挑戦してみたい方、ぜひチャレンジしに行ってみて下さい。
思った以上に怖いですよw

 

 

道中で見つけた「あるモノ」

 

「祖谷のかずら橋」を楽しんだ後は、ひたすら高知市に向けて南下していく
途中で道を間違えたりもしましたが、地元の人に助けられながら進んでいきました。
すると、道中である看板が目に止まったんです。

かつだむ
…ん?
かつだむ
「日本一の杉」だと?

 
日本一の杉の木といえば、「屋久島の縄文杉」を思い浮かべるのですが、ここにも「日本一の杉」があるらしい。

かつだむ
…確かめてやる!

 
その一心で、気付けば看板通り進んでいました

 
 

看板通り進んで行くと、そこにあったのは「八坂神社」という神社
受付で話を聞いてみると、杉の木を見るには入場料(200円)が必要とのこと。

かつだむ
200円ぐらい払うけども…。
かつだむ
なんか騙された感が…。

 
まだ「日本一」という言葉を信じていませんでした。

 
 

しかし、その考えも、杉の木を目の前にすると吹っ飛びました

 

かつだむ
…こんなでかい木初めて見た…。

 
思った以上の迫力に、ただひたすら感動。
樹齢3000年以上…
見てるだけで力が湧いてきます。

 
 

その後もしばらく写真を撮りながら、その神々しさに心打たれていました

 


 

かつだむ
祀りたくなるのも分かるなあ…。
かつだむ
神秘的すぎるよ…。

 
 
 

あまりメジャーな観光スポットではないですが、行って損はしないです。
個人的に、四国原付旅の中では1番感動した場所です。(「思わぬ出会い補正」が多少ありますが。)

 

 

日本三大がっかり観光スポット「はりまや橋」

 

杉に感動した後は、また高知市へ原付を走らせる
高知市で行きたい場所は「桂浜」「はりまや橋」ぐらいだったので、この日は「はりまや橋」だけ見て、次の日に「桂浜」に行こうという考えでした。

 
 

原付を走らせること数時間。
ようやく目当ての「高知市」に到着したので、早速「はりまや橋」を探す
「はりまや橋」は高知市内にあるということだったのですが、それらしき橋が見当たりません

かつだむ
…。
かつだむ
全然見つからん!
かつだむ
…よし、作戦変更。やはり地元の人に聞くのが一番だ。

 
 
 

そして、地元の方に「はりまや橋」の場所を尋ねると、用水路のような場所へ連れて行かれました
 

 

これが「はりまや橋」だよ。
かつだむ
…。
かつだむ
なるほど、さすが三大。

 
橋自体もしょぼかったのですが、僕が「はりまや橋」を見つけられなかった1番大きな原因は、「観光客が誰もいなかった」ということ。
みんな普通に素通りなんですもん。
生活用の橋だと思ってました。

 
 

とはいえ、がっかり観光スポットを制覇したいのなら、ここは外せません
高知に来たら、がっかりしに行きましょう。

 

 
 
 

さあ、この日の行きたい場所もコンプリートしたので、あとは宿泊予定のキャンプ場へ向かうだけ
…だったのですが、この時点でまだ時間が早かったので、高知城にも行きました

 

 

かつだむ
外から見るだけでいいや…。

 
 

高知城をチラ見した後は「種先千松公園キャンプ場」という、海岸沿いの無料キャンプ場へ
ここは「桂浜」とも近いので、次の日に「桂浜」へ行くには好都合。
早めにテントを張り、「太平洋に沈む夕日」に酔いしれていました
「太平洋に沈む夕日を眺める自分」にも酔いしれていました。というか、ほぼそれです。

 

 

まとめ

 

この日は、四国の中部から高知市までを原付で駆け抜けました

 
 

色んな観光地を回りましたが、やはりインパクトが大きかったのは「杉の大杉」
あとは、「祖谷のかずら橋」のスリルもなかなかでした。
今のところ、このスリル感に勝る吊り橋は体験していませんね。

 
 

次の日は、いよいよ四国最後の「愛媛県」に突入!
「四国カルスト」「道後温泉」を訪れた、印象深い日です。

 
▼旅の続きはコチラ▼

関連記事

  こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。     四国原付旅5日目は、午前中に高知県で行きたかった「桂浜」へ行き、その後は四国最後の愛媛県へ。 「桂浜」「四国[…]

 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

ではまた!