TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

本州・九州バイク旅[6日目]ー【本州最東端】トドヶ崎灯台と美しい大海原を独り占め

この日は前日の大間に引き続き、「本州最東端」に行きました。
本州4端の中で最も険しい道のりでしたが、最も感動した場所でもあります。

 
 

おおよそのルートは以下の通りです。

 

 

▼前日の旅の様子はコチラ▼

 

関連記事

  この日は目的の1つであった「本州四端踏破」に少し近づいた日。 かの有名な「恐山」にも立ち寄りました。     ▼おおよそのルートは以下の通りです▼   […]

 

龍泉洞から宮古の観光案内所へ

 

写真を撮るのが下手だった龍泉洞

 

この日は

かつだむ
とりあえずトドヶ崎行くっぺ!

ということしか決めてなかったのですが…。
暑かったので、岩手県にある洞窟「龍泉洞」に行きました。
「洞窟は涼しい」という安易な考えです。

 
 

龍泉洞に到着。
イメージ通りの銅像が出迎えてくれます。

 

 

龍泉洞の内部は涼しく、というか寒いぐらいでした…。
洞窟内ではいっぱい写真も撮ったんですよ。
でも、いざ洞窟を出て確認してみると、ほとんどボケてるんですよ!!
 
 

迫力のあった地底湖も…。

 

 

洞窟内にある珍しいワイナリーも…。

 

 

唯一まともに撮れたのがコイツ。

 

 
 

かつだむ
もっと写真撮るのうまくならないとな…。

ちなみに、洞窟から出た後の写真もこんな感じです。

 

 

かつだむ
…。
かつだむ
せっかくの熊さんが…。
かつだむ
そのダークネスっぷりが薄れてしまっているよ…。

そんな感じで、龍泉洞は後にしました。
ちなみに、ここ龍泉洞ではワインも買えるみたいでしたよ!
洞窟で熟成されたワインってどんな味なんでしょうね?

 

 

宮古駅前の観光案内所で「本州最東端訪問証明書」をいただく

 

龍泉洞を後にして、本日のお目当てであるトドヶ崎に向かったのですが

かつだむ
「本州最東端訪問証明書」を先にいただいておくか。

そんな考えで、訪問してもいないのに証明書を貰いに行くことに。

 
 

ちなみに、トドヶ崎に行かなくても、ここに行けば証明書は貰えちゃいます。

かつだむ
僕はちゃんと行ったよ!
ぎゅうし
…ふーん。
かつだむ
な、なんだその感じ。
今から見せてやるんだから!

 

 

トドヶ崎への道のりと待ち受けていた感動

 

駐車場までも険しい道のり

 

実はトドヶ崎って車とかバイクで近くまで行けないんですよね…。
なので、駐車場に車やバイクを停めて、そこから歩くしかないんです。
※ちなみに駐車場は無料です。

 
 

道なき道を進み、なんとかそれらしき駐車場に到着しました。
港のすぐ側ですね。
※この写真は自然歩道から撮った写真ですが、真ん中の右あたりの車が停まっている場所が駐車場です。

 

 

かつだむ
さあ、気合入れて歩くぞ!!

 

長く険しい自然歩道

 

自然歩道に入ると、まず挑戦者の心を折るような看板が出ています。

 

 

かつだむ
…。
かつだむ
3.8kmだと!?
かつだむ
山道を3.8kmってなかなかだぞ!?

そんなことを思いながらも、歩くしかありません。
ここまで来て諦められるもんですかってんだ。

 
 

かつだむ
しんどい…。
かつだむ
でも時々見える「綺麗な海」のおかげで頑張れる…!

 

 
 

時々灯台までの距離の看板が出ているので

かつだむ
まだこんなにあるのか…。
かつだむ
あと少しだ!

そんな風に自分を鼓舞しながら、なんとか頑張りました。

 

おっちゃんに脅される

 

道中では通行人とすれ違うのですが、行きは1人しかすれ違いませんでした。
その通行人は地元のおっちゃんだったのですが

なんかね、獣っぽい臭いがするんだよね…。
おかしいなー、おかしいなー…。
も出るからね…。
かつだむ
え…。

そんな感じで脅されたので、その後は怖くて仕方ありませんでした。
親切心と言えば親切心ですが…。

 
 

熊が怖すぎて、その後は1人で歌を歌ってましたからね。
傍から見たら変人ですよ。
熊より怖かったかもしれません。

 

待ち受けていたのは真っ白な灯台と大海原

 

そんなこんなで、熊に会わずにトドヶ崎に到着することに成功。

 

 

まず待ち受けているのは「純白の灯台」です。

 

 

どうです?
天国みたいでしょ?

 
 

そして、展望台から望む太平洋は圧巻!

 

 

かつだむ
美しい…。
かつだむ
…ワシは、ワシなんてミジンコじゃー!!

 
 

そしてそんな大海原を背景にパシャリ。

 

 

「夏」って感じですよね。
天気も最高だったし、言うことなし!
誰もいなかったので、本当に天国に来たみたいでした…。
この旅1番の思い出かもしれません。

 
 

30分ぐらいゆっくりして、その後は来た道を引き返しました。
いやー長かった。
真夏に約8kmを歩くのはなかなか重労働です。
でもそんな疲れも、美しい景色のおかげで吹っ飛びました!
おすすめできる、お気に入りの場所です。

 
 

あ、ちなみにここには「旅ノート」みたいな物があって、僕と同じように本州4端制覇を目指した若人のコメントが残されています。
僕も書き残しましたよ笑
誰でも書き込めるので、訪問した際にはぜひ書き込んでみてください!

 

 

気仙沼をブラブラ

 

まだ残っている震災の爪痕

 

トドヶ崎に行った後は、ひたすら南下です。
太平洋沿いを走っていたのですが、釜石、大船渡、、陸前高田など、東日本大震災で甚大な被害を受けた地域を通ることになりました。

 
 

震災からは3年が経過していたのですが、まだまだその爪痕は残っており、心が痛かったです。
かといって何かする勇気もなく、ただその光景を眺めているだけでした…。

 
 

テレビで見るのと違い、実際に目の前にすると「現実」が押し寄せてきます。

かつだむ
本当に甚大な被害だったんだな…。

ただ遠くから眺めるだけじゃなく、実際に行ってみると考えも少し変わりますね。

 

気仙沼の「BRUNCH」という店でフカヒレを食べる

 

気仙沼に来たからには「フカヒレ」を食べたかったのですが、貧乏学生にはなかなか厳しく、リーズナブルなお値段でフカヒレを食べることができる「BRUNCH」というお店に行きました。
頼んだフカヒレ丼(1080円)がコチラ!

 

 

写真を撮るのが下手なのですが、そこにあるのは間違いなく「フカヒレ」です!

 

 
 

フカヒレをこの値段で食べることができるのはお得感がありますね。
洋風の味付けで、美味しかったですよ!

 

 

まとめ

 

この日は「トドヶ崎」も無事踏破でき、最高の景色を楽しんだ日でした。
自然歩道を歩くのは大変ですが、それでも行く価値はあると思います!

 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
▼旅の続きはコチラ▼

関連記事

  この日は「仙台」に行って、大好物の牛タンに舌鼓。 ずんだシェイクも勇気出して飲んでよかったです~。 あと、五色沼がイメージと違いました。     ▼おおよそのルートは以下の通りで[…]

 

ではまた!