TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

【学校が楽しくない】そんな生活を変える秘訣

こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。

 
 

この記事に辿り着いたあなたは、おそらく「学校生活に悩んでいる」ということでしょう。

こまひつ
特に嫌なことがある訳ではないけど、なんか味気ない…。

そんなところではないでしょうか。

 
 

僕もそんな時期がありましたが、今となっては、当時のことを客観的に見ることができるようになりました。
すると、「当時は分からなかった原因」が見えてくるものです。
そこで今回は、「学校が楽しくない理由」「楽しくない学校生活を変える方法」について、自身の経験を基に解説します。

 
 
要点は以下の通り

 

✔学校が楽しくない理由

  • 生活の核になるものがない
  • 理想が高すぎる
  • 今しか出来ないことに囚われている
  •  
     

    こまひつ
    理由は分からないけど、学校生活がつまらない。
    こまひつ
    理想とは違う感じがして、なんだかモヤモヤする。

    そんな方の参考になれば幸いです。

     

    学校が楽しくない理由その①「生活の核になるものがない」

     

     

    「打ち込めること」がない

     

    学校が楽しくない理由として、まず考えられるのが「生活の核になるものがない」ということ。
    「生活の核になるもの」はなんでもOKなのですが、これがないと毎日が味気なく感じてしまいます

     
     

    僕自身、中学時代までは充実した毎日だったのですが、高校では中学に比べて「味気ない日々」だと感じることが多くなりました。
    というのも、僕は中学の頃は部活をしていたのですが、高校では部活を続けなかったんですね。
    そこで気付いたのが、「生活の核は部活だった」ということ。
    そして、僕は「新しい核」を探すことなく、ダラダラ毎日を過ごしてしまいました

     
     

    要するに、「充実した学校生活=楽しい学校生活」を送るためには、「打ち込めること」を見つけるのが重要だということ。
    「打ち込めること」がなくなってしまうこともあると思いますが、「新しい核」を見つけようとせず、ダラダラ毎日を過ごすのはおすすめしません

     

    打ち込めることがない時の対策

     

    では、「生活の核がになるものがない」という状況の時にどうするか。
    結論としては「色んなことにチャレンジする」のが良いと思います。
    色んなことにチャレンジすれば、思いもよらず「打ち込めること」が見つかるかもしれません

     
     

    絵を描くのが好きなら、とりあえず身の回りの物を描いてみる。
    体を動かすのが好きなら、とりあえずジムの体験に行ってみる。

     
     

    とりあえずチャレンジしてみることで
    「絵を描くのにハマった、画家を目指して頑張ってみよう!」
    「筋トレにハマった、ボディビル大会に向けて頑張ろう!」
    という風に打ち込めることが見つかるかもしれません。

     
     

    なにより、学生には無限の可能性があります
    「自分の才能を発掘する」という意味でも、とりあえず色んなことにチャレンジしてみることは大事
    好きなことが見つかれば、才能を伸ばすことにも繋がりますからね。
    「好きこそ物の上手なれ」です。

     

    学校が楽しくない理由その②「理想が高すぎる」

     

     

    理想と現実のギャップ

     

    学校が楽しくない理由として、2つ目に考えられるのが「理想が高すぎる」ということ。
    「思い描く理想の学校生活」と「実際の学校生活」を比べて、その落差にガッカリ
    その結果、「実際の学校生活」がつまらなく感じてしまうということです。

     
     

    みなさんは、学校に入学する前にどんなことを考えていたでしょう。
    少なからず「理想の学校生活」を描いていたのではないでしょうか

    きぼとり
    勉強、部活、恋愛、全部うまくいって、さらにこんなことや、あんなことも…。

     
    そんな生活を夢見ていたでしょう。

     
     

    でも実際はそんなにうまくいきません
    全てが思い通りいくなど、ほぼありえません。
    なので、理想を持つのはいいですが、期待しすぎるのは良くないということです。

     

    理想と現実のギャップへの対策

     

    では、この問題をどうするか。
    解決方法としては、「理想と現実のギャップを覚悟しておく」ということが挙げられます。

     
     

    こまひつ
    理想はこんな学校生活だけど、実際こんなもんだろうな

    それぐらいの気持ちでいることが大事です。

     
     

    時には

    こまひつ
    あの人みたいな学校生活だったら楽しいんだろうな…。

    そう考えてしまうことがあるかもしれません。

     
     

    でも断言します。
    全て理想通りの学校生活を送っている人などいません
    理想の学校生活を送っているように見える人にも、その人なりの悩みがあります。
    だから、人と比べることはせず、等身大の学校生活を送ればいいのです。

     
     

    ※そういう意味では、友達のSNSなどを気にしすぎるのは良くないです。
    なぜなら、SNSには「良かったこと」「楽しんでいる自分」を投稿する人が多いから。
    友達のSNS投稿と、「良いことも悪いことも全て知っている自分の生活」を比べると、自分の生活が悪いように思えるのは当たり前です。
    SNSは便利ですが、ほどほどに楽しむのがおすすめです。

     

    学校が楽しくない理由その③「今しか出来ないことに囚われている」

     

     

    「学生だから」と欲張りすぎている

     

    学校が楽しくない理由として、最後に挙げるのが「今しか出来ないことに囚われている」ということ。
    「学生だから、学生らしいことをしないといけない!」という考えに囚われて、無理をする
    そのせいで、「学校が楽しくなくなってしまう」ということです。

     
     

    たしかに、学生の頃にしかできないことはたくさんあります
    部活でインターハイを目指したり、受験勉強をしたり、放課後にカラオケに行ったり…。
    でも、全てを手に入れようとするのは間違いです。
    手に入れられるわけがないのですから。

     
     

    例えば、「野球部で甲子園を目指す」「陸上部でインターハイに出場する」「東大現役合格に向けて猛勉強する」「生徒会長をする」。
    これらは、高校時代にしかできないことです。
    でも、この全てを手に入れるのはかなり厳しいでしょう。

     
     

    なんにせよ、こんなにたくさんのものを手に入れようと欲張ると、必ずどこかでパンクしてしまいます
    パンクしなくても、学校が楽しくないと感じてでしょう。
    多くのものを手に入れようと欲張ると、「楽しさ」より「大変さ」が上回ってしまうということです。

     

    今しかでいないことに囚われてしまう時の対策

     

    では、この問題をどう解決するか。
    解決方法としては、「やりたいことの優先順位を決める」のが有効です。

     
     

    1. たくさんある「今しかできない、やりたいこと」をリストアップする
    2. その中の優先順位を決定する
    3. 優先順位が高いものに取り組む

     

    そういった手順です。

     
     

    1度、紙に書いてみるのもいいかもしれません。
    「見える化」することで、意識せずとも優先順位の高いことに取り組めるからです。

     
     
    優先順位を決めることで、楽しくない学校生活が改善されるかもしれませんよ

     

    まとめ

     

    今回は、「学校が楽しくない理由」「そんな生活を変える方法」について解説しました。
    もちろん、「学校が楽しくない理由」は上記のようなものだけではないと思いますが、代表的なものを取り上げてみました。

     

    ✔楽しくない学校生活を変える方法

  • 色んなことにチャレンジする
  • ・理想と現実のギャップを覚悟しておく
  • やりたいことの優先順位を決める
  •  

    この記事を読んだことによって、「学校は楽しくない」という考えが改善されれば幸いです。
    大学に入ると生活もかなり変わるので、以下の記事もチェックしてみてはいかがでしょうか。

     
     

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    ではまた!