TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

【鹿角加工】意外と簡単にレターオープナーが作れた【作り方と準備物】

かつだむ
こんにちは!

僕は、夏の北海道ツーリングで「エゾシカの角」を手に入れました。
いわゆる「落ち角」ってやつです。

 
 

僕が直接拾ったワケでもなく、旅の道中で出会ったおっちゃんがドロップしたアイテム。
「なんかに使えるだろう!」と思って受け取ったものの…。

かつだむ
加工がめんどくせえ!!

 
 

そんな気持ちを押し殺して

かつだむ
この「鹿角」から、何か実用的なモノは作れないだろうか?
かつだむ
世界に1つだけの道具を作るんだ!!

という風に、自分を誤魔化して「鹿角レターオープナー」を作ってみました。

 
 

僕と同じように、「鹿の角」を持て余しているアナタの参考になれば幸いです!
僕は鹿角加工に関してド素人ですが、意外と簡単に作れました笑

 

鹿角加工:レターオープナー作成で準備するモノ

 

▼鹿角加工の準備物▼

 

まずは「鹿角を加工する際に準備するモノ」について。
上記の写真通りですが、以下の3つの道具を用意しました!

 

鹿角加工の準備物

  • 鹿の角
  • 小刀
  • やすり
  •  

    1つずつ簡単に解説します!

     

    材料である「鹿の角」

     

    これがなければ始まらない。
    材料となる「鹿の角」です。

     
     

    僕は偶然出会ったおっちゃんに貰ったのですが、登山とかすると、意外と落ちてるんですって!
    そして、僕がゲットした角は「子鹿の角」だそうな。
    大人の鹿の角だと、加工が難しそうですね…。
    その分、立派な「オブジェ」とか作れそうですけど!

     
     

    興味本位で調べてみるたら、、鹿の角は「犬のおやつ」として売られてるみたいです!

    かつだむ
    そういえば、北海道で出会ったおっちゃんも「犬にあげたらめちゃくちゃ喜ぶぞ!!」って言ってたなあ…。

    鹿の角がないのであれば、犬のおやつを代用してみてもいいかもしれませんね~!

     

     

    加工用の「小刀」

     

    鹿の角でレターオープナーを作るのであれば、元の状態から、大量に削ることになると思います。
    そして、ある程度丈夫な「小刀」のようなモノでなければ、時間が掛かって仕方ないです笑
    専用の道具があればいいですが、僕は小刀で代用しました!

     
     

    加工し初めの時は

    かつだむ
    言うて、カッターナイフでいけるっしょ!

    みたいな軽い気持ちだったんですが…。
    鹿の角ってめちゃくちゃ丈夫なのね☆

     
     

    とはいえ、ガッツリ「削れる」って感じの刃物であれば、なんでも大丈夫だと思います!

     

     

    仕上げ用の「やすり」

     

    最後に、加工の仕上げに必要なのが「やすり」です。
    粗目~細目が数種類あると便利。

     
     

    作業性を考えると、「平の棒やすり」がおすすめです!
    こんな感じの「組やすり(平やすり含む)」があれば、今後も役に立つかもしれないので、家に1つ置いておくのもアリですね!

     

     

    鹿角加工:レターオープナーの作り方

     

    加工手順①とりあえず洗う

     

    鹿の角が手に入ったら、一応洗っておきましょう。
    汚いままだと、加工する際に「臭い」が発生することもあるそうです!

     
     

    僕は単純に水と洗剤でゴシゴシしましたが、それで十分でした。
    というのも、「古い角だった」「おっちゃんが角を切断してくれていた」という2点のおかげで、もともとそんなに洗う必要がなかったからです。

     
     

    新しい角だったり、自分で切断したりすると、それなりに臭いみたいなので気を付けて下さいね!

     

    加工手順②小刀でひたすら削る

     

     

    さあ、「鹿角洗浄」が終わったら、早速削っていきます。
    レターオープナーを作るのであれば、それなりに「薄く」しないといけないので、小刀でガッツリ削ります。

     
     

     

    かつだむ
    …。
    かつだむ
    まだまだだな。

     

     

    かつだむ
    ハアハア…。
    かつだむ
    もうちょいか!?

     

     

    かつだむ
    もういいだろう!!

     
     

    という感じで、大まかな「削り」は終了。
    1時間ぐらい、ひたすら削っていた気がします…。

    かつだむ
    若干、意地になってたよね。

     

    加工手順③やすりで仕上げる

     

     

    鹿の角が薄くなったところで、手紙を開けるための「刃」を作っていきます。
    とはいえ、封筒なんて破れればいいので「ある程度」で妥協しました。
    「ペーパーナイフ」を作るのであれば、もっと鋭くする必要があるかもしれませんけどね!

     
     

    今回の鹿角加工で、1番楽しかったのがこの工程。

    かつだむ
    フフフ…。
    かつだむ
    はよう切りたいのぅ…ジュルリ

     
     

    ある程度鋭くなったら完成!
    レターオープナーとして使うなら、先端はある程度尖らせておいたほうが使いやすいかも!
    なぜなら、先端で「封を切るキッカケ」を作ったほうが、スムーズにオープンできるからです。

     

    鹿角レターオープナーの試し切り!

     

    さあ、完成したら「試し切り」です!
    手紙?待ちませんよ?

    かつだむ
    とりあえず切りたいんじゃい!!!
    ぎゅうし
    シリアルキラーかよ。
    かつだむ
    鹿角レターオープナー…いざ参る!!!

     
     

    まずは紙を折って、「ニセ封筒」を作ります。

     

     

    そして入刀!!!

     

     

    かつだむ
    …!
    かつだむ
    意外と切れる!!

     

     

    かつだむ
    おお~!パチパチ
    ぎゅうし
    良かったね。
    かつだむ
    やったぜ!
    手に豆を作りながら加工した甲斐あった!
    かつだむ
    世界に1つだけの「鹿角レターオープナー」ゲットだぜ!(サトシ)

     

    まとめ

     

    今回は、北海道でゲットした鹿の角を加工して「レターオープナー」を作成してみました!

     
     

    削る作業は少し大変ですが、思ったよりは簡単!
    「ワイルドさアピール」にも使えるので、これを使えばモテモテです!

    かつだむ
    早く封筒よ届け~!

     
     

    最後まで読んでいただきありがとうございました!

    ではまた!