TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

大学を遅刻した時の対処法!遅刻NGの授業とは?【焦る必要なし】

かつだむ
こんにちは!

長い大学生活を過ごしていると、1度は経験するであろう「遅刻」
高校までの遅刻とは扱いが違うので、注意が必要です。

 
 

こまひつ
大学の授業を遅刻しそうだけど大丈夫かな…?
こまひつ
遅刻してしまった場合はどうすればいいんだろう…。

そんな方へ向けて「遅刻NG・OKの授業」「遅刻した時の対処法」について解説していきます。
焦る必要はないですし、落ち着いて対処すれば大丈夫ですよ!

 

大学で遅刻OKの授業・NGの授業

 

 

まずは大学で遅刻しても大丈夫な授業、そうでない授業について。
大前提として、遅刻しないに越したことはないです。
でもどうしようもない場合もあるでしょうから、気合を入れるべき授業とそうでない授業を見極めるべき。

 

遅刻NGの授業

 

「遅刻NG」の授業は以下の通り。
「遅刻=単位落とす」ぐらいの気持ちで、喰らい付くべきです。

 

遅刻NGの授業

  • テスト
  • 実習系の授業
  •  

    テスト

     

    大学では学期末に定期テストがありますが、その定期テストは遅刻NGです。
    そして「中間テスト」などという名目で、授業中にテストを行う場合もあるので、その時も遅刻はダメです。

     
     

    ゆるい教授だったら、テスト受けさせてもらえる場合もありますけどね。

     

    実習系の授業

     

    実習系の授業がある学部・学科は、遅刻に気を付けておくべきです。
    僕は理系だったので、実験の授業がよくありました。
    そして、実験って「流れ」がありますよね?
    「注意事項の説明➡準備➡実験」という感じ。

     
     

    なので、遅刻したら参加できない場合があるんです。
    注意事項も知らないのに、いきなり実験させるのは危険ですからね。
    参加できなければ出席点もなし、さらに実習系の授業は出席点割合が高めなので要注意!

     

    遅刻グレーゾーンの授業

     

    次は「遅刻グレーゾーン」の授業。
    遅刻しすぎると単位取得が難しくなります。

     

    ポイント

  • 出席確認のある授業
  • 課題を提出する授業
  •  

    出席確認のある授業

     

    大学でも出席確認をする授業があります。
    毎回行う授業もあれば、抜き打ち、気まぐれで行う授業も。
    どちらのパターンにしろ、遅刻はなるべく避けるべきです。

     
     

    ただ、「出席確認は授業の最後」というパターンもあるので、遅刻しても間に合う可能性はあります。
    諦めないで!!

     

    課題を提出する授業

     

    課題を提出する授業も要注意。
    なぜなら、「課題提出は授業開始10分後で締め切る」という厳格な教授もいるからです。
    あらかじめ遅刻の可能性があると分かっているなら、友達に課題提出を頼んでおくのも手ですね。

     

    遅刻OKの授業

     

    最後に「遅刻OK」の授業。
    遅刻はなるべくしない方がいいですけど、比較的ダメージが小さい授業です。

     

    遅刻OKの授業

  • 出席確認や課題提出のない授業
  • テストで挽回できる自信のある授業
  •  

    出席確認や課題提出のない授業

     

    前述したような「出席確認」「課題提出」がないのであれば、遅刻しようが、欠席しようが大丈夫。
    授業内容は理解できなくなりますが、遅刻が直接単位取得に響くようなことはありません。

     

    テストで挽回できる自信のある授業

     

    遅刻をするということは、それだけ授業内容に付いていけなくなるということ。
    なので、いくら出席や課題が無いからと言って、遅刻や欠席を繰り返すとしんどくなります。

     
     

    それでも「テストで絶対に挽回できる」という自信のある人なら、遅刻、いや授業に行かなくてもOK。
    例えば「過去問とほぼ同じ問題が出る」という確信があったり、「自分で完璧に理解している」というパターンです。

     
     

    実際、僕の大学でも「毎年過去問とほぼ同じテストを行う授業」があってですね…。
    僕はその授業に1回も出ず、過去問だけをやってテストに臨みました。
    でも単位は問題なく取れましたよ!
    勉強になるかどうかは置いておいて、単位取得という意味では最強です。

     

    大学では授業毎にしっかり特徴を見極めよう!

     

    ここまで、大学の授業と遅刻について解説しましたが、1番大事なのは「授業の特徴・教授の性格を把握する」ということ。

     
     

    なので、授業の方針が説明される「1回目のガイダンス」はしっかり出る。
    先輩や同級生から、授業の情報を手に入れる。
    そのあたりを意識しておくべきだと思います。

     

    遅刻の被害を最小限にするために

  • 1回目のガイダンス授業は絶対に出席する
  • 先輩や同級生から情報を手に入れる
  •  

    大学で遅刻してしまった時の対処法

     

     

    基本的には遅刻しても気にしなくてOK

     

    大学で授業を遅刻をしそうになっても、基本的には「何もしなくて大丈夫」です。
    テストはまた少し変わってくるでしょうけどね…。

     
     

    高校までのように連絡する必要もなければ、怒られることもないです。
    大学は「全て自己責任なので、その分勝手に頑張って下さい」というスタンスです。

     

    出席確認は友達に頼めるなら…。

     

    出席確認のある授業を遅刻しそうな時、なんとかしたいですよね。
    これも授業によるのですが、友達に頼むことができる場合もあります。

     
     

    「学籍番号と名前を書くだけ」「ネット上での出席管理を行っている授業」などは頑張れば出席を誤魔化せます。
    逆に、パソコンのログイン状況などで管理されている場合は不可能です。
    あらかじめ友達と連携できる工夫をしてる人もいましたね。

     
     

    まあ、大学の出席を誤魔化すのは一種の「不正行為」なので、おすすめはしません。

     

    授業の内容を教えてもらう

     

    授業に付いていくために、遅刻して受けられなかった分を取り返す必要があります。
    「ノートを見せてもらう」「課題の有無を聞く」「テストに出す問題は言ってなかったか」など、友達に助けてもらいましょう。

     
     

    大学では、少数でもいいので友達を作っておくのがおすすめです。
    その話については、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひご参考に。

     

     

    電車のトラブルが原因なら「延着証明書」を貰っておく

     

    「電車の遅延」が遅刻の原因となる場合もあります。
    特にJRは頻繁に遅延が発生するので、通学にJRを使っている人は要注意。

     
     

    そして、電車が遅延した場合、駅員さんに言えば「遅延証明書」という紙切れを貰えます。
    授業にもよりますが、この紙切れがあれば「遅刻無効!」という場合が多いです。
    なので、電車が遅れていて授業に遅刻しそうなら、とりあえず貰っておくべき。

     

    自分が何回遅刻してるか確認しておく

     

    最後に、遅刻を繰り返しているなら「自分が何回遅刻しているか」「あと何回遅刻・欠席できるか」ということを確認しておくべきです。
    大学のシラバスを見る、もしくはガイダンスの内容を振り返り、自分が置かれている状況を把握しておきましょう。

     
     

    遅刻と欠席の関係性ですが、これも授業単位でバラバラ。
    例えば以下のようなパターンがあります。

     

    単位取得条件

  • 15回中3回欠席でアウト
  • 15回中5回欠席でアウト
  •  

    欠席と遅刻の関係

  • 遅刻2回=欠席1回としてカウント
  • 遅刻3回=欠席1回としてカウント
  •  

    この他にも「減点方式」の授業があったり、「何分遅刻したかによってダメージが変わる」という授業も。
    本当に授業によって様々なので、繰り返しになりますが「授業の特徴をしっかり理解しておく」のがとても重要ですよ!

     

    まとめ

     

    今回は「大学での遅刻」について解説しました。
    正直、大学は遅刻してもなんとかなります。
    単位を落としても死ぬわけじゃないですし、挽回しようと思えばできますからね。

     
     

    ただ、1年生からしっかり単位を積み重ねる方が圧倒的に楽なのは明白。
    なので、遅刻のクセが付かないようにだけは注意しておきましょう。
    たまにはゆっくりして、遅刻するのもアリ。
    こんな適当に生きられるのも大学生の特権です。

     
     

    最後まで読んでいただきありがとうございました!
    以下の記事も合わせてどうぞ!