TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

【大学生を振り返る】青春した?後悔しないために今すべきこと【社会人目線】

かつだむ
こんにちは!

今回は「青春」について。
大学時代を振り返りたくなったので、「青春」というテーマで振り返ってみようかなと。

 
 

こまひつ
そもそも、青春ってなんだ?
そして、大学生らしい青春ってなんだろう…。
こまひつ
社会人になってから後悔したくないけど、大学生の今すべきことはあるだろうか?

そんな大学生の悩みを解決したいと思います。

 

目次

大学生に限らず、そもそも「青春」ってなんだろう?

 

 

青春の定義

 

まずは「青春」という言葉の定義について。
一般的には以下のような定義です。

 

▼青春の定義

青春(せいしゅん)は、季節の「春」を示す言葉である。転じて、生涯において若く元気な時代、主に青年時代を指す言葉として用いられる。

引用:「青春」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。最終更新 2021年5月31日 (月) 17:59 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

 

要するに「若いうち」ってことですね。
個人的に青春って言ったら「中高生まで」ってイメージがあったのですが、そんな決まりはないようです。

かつだむ
長い人生を見れば、大学生でも「青春」と言ってOKだ!

 

じゃあ歳を取ったら青春とは言えないのか

 

上記のような定義であれば、歳を取ったら

かつだむ
今、俺青春してるぜ!

とは言えなくなります。
20代でギリギリ、30代になるとだいぶ苦しい感じになりますよね。

 
 

なんか「もう青春できない」って言葉は寂しいですね…。
大学を卒業してから「学生」というピチピチの身分を失い、さらに「青春できない」という現実まで突き付けられると

かつだむ
あとは老いていくだけなんだ…。

と、夢も希望もない人間になってしまいます。

 

サミュエル・ウルマンの「青春」という詩では「何歳でもOK」と書かれている!

 

かつだむ
ちょっと待った!落ち込むのはまだ早い!
素晴らしい詩があった!!!

 
▼サミュエル・ウルマン「青春」の一節

“Youth is not a time of life; it is a state of mind”(青春とは人生のある期間を指すのでなく、心の持ち方を指すものである)

引用:「青春」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 最終更新 2019年5月13日 (月) 06:10 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

 

なんと、サミュエル・ウルマンさんによると、青春は歳で決まるものじゃなかった!!
心の持ち方なんだって!

かつだむ
素晴らしい考えだ、これで希望を持って若々しく生きることができる。
大学生を卒業したからと言って、絶望しなくていいんだ!
かつだむ
生涯青春宣言!!

 
 

そんな感じで「青春」って曖昧なものですね。
個人的には、サミュエル・ウルマンさんの考え方を支持したい!
いつまでも若い心でいられそうですし。

 

大学生らしい青春とは?卒業するとできないことはある?

 

 

「青春はいつでもOK」と言ったものの、残念ながら「その時しかできない青春」もあります。
そこで「大学生らしい青春」について、いくつか解説していきます

 

大学内での生活における青春

 

サークルや部活で熱い友情!!

 

大学生活での代表的な「青春」といえば部活やサークル!
やはり、同じ目標に向かって汗を流して努力するのは、青春の代名詞ですよね…ウンウン。

 
 

高校までとの違いとして、大学からは部活だけでなく「サークル」があります。
これが部活に比べてゆるい感じなんで、部活の「厳しい感じ」が苦手な方にとっては最高。
飲み会ばっかで「9割9分遊び」みたいなサークルもありますが、それも大学生ならではってことで笑

 
 

かつだむ
まあ、僕はサークルも部活も入ってなかったんですけどね!!
かつだむ
色んなサークルの新歓BBQだけ行きまくって、トンズラしました★

 

テストに向けてみんなで勉強

 

大学生の本分は「勉強」です。
僕のように普段勉強しない大学生はテスト前に焦りだすのですが、友達と過去問を共有したり、問題を出し合って勉強するのも青春だったなあと思います。

 
 

かつだむ
力学の過去問持ってる?
ぎゅうし
貰ったし送るわ!
逆に数学の持ってる?
かつだむ
おう、先輩にサークルの先輩に貰ったから3年分あるぜ!!
ぎゅうし
よっしゃ!お互いラインに貼ろう!

こんな感じのやり取りも懐かしいなあ…。
※本来はきちんと勉強して乗り越えるべき。

 

研究室でカップ麺を食べながら夜遅くまで研究

 

大学生活も終盤に差し掛かると、研究室やゼミに配属されます。
そして間違ってブラックな研究室に入ると、毎日夜遅くまで研究することになるんです。
夜遅くまでいると小腹が空くので、カップ麺を食べたりしてましたね。

 
 

そんな日常も、今となっては良こ青春の思い出。

かつだむ
研究室にいた時に食べていたカップ麺を見ると、暗黒時代を思い出すぜ…。
研究室選びは慎重にね…。

 

▼研究室の選び方

関連記事

かつだむこんにちは!   理系の大学生であれば、3年生の後期に研究室を選び、4年生からは研究室に配属されます。 ただ、3年生にとっては研究室は未知の世界…。 こまひつ何を基準に研究室を選べばいいのか分からない…[…]

 

授業をサボる

 

大学の授業って、基本的に「サボっても自己責任」ってスタンスです。
教授に「なにサボっとんじゃ!」「遅刻してんじゃねえよ!!この〇×△野郎が!」と言われることもなし。

 
 

「サボる背徳感」みたいなものを、ほぼリスクなく味わうことができます。

かつだむ
社会人になったらサボるのは不可能。
思い切ってサボって遊ぶのも、青春感があっていいよ!

 

▼大学はサボってもOK

関連記事

  かつだむこんにちは! 今回は、僕の大学生活を振り返りながら「大学をサボることは悪いことじゃなくて、サボってもOKな授業がある」と思った理由を解説していきます。     本記事の[…]

 

空きコマに駄弁る

 

大学にいると、どうしても「空きコマ」ができます。
空きコマの過ごし方は色々あって、課題を終わらせたりするのが賢いと思うのですが…。

 
 

友達と他愛ないことを駄弁るのも楽しかったなと思います。
小さい机に集まって、お菓子とか食べながらあーでもないこーでもないと。
こういうなんでもないことが「青春っぽかったな」と思う社会人のボク。

 
▼おすすめな空きコマの過ごし方

関連記事

かつだむこんにちは! 大学は時間割が決まってないのが大きなメリットですよね! でも必修の授業の関係で、訳の分からない時間割になってしまうことも…。     こまひつなんで1コマ目と5コマ目に必修[…]

 

アルバイトでの青春

 

アルバイトの枠を超えて、友情や愛情を育む

 

大学生になるとアルバイトを始める人が多いですよね。
そこで出会ったバイト仲間と友達になったり、恋人になったりするのも青春です。

 
 

大学内だけだと、どうしても交友関係が偏ります。
なぜなら、同じ大学内の特に同じ学科の人は、同じような道を歩んできてることが多いから。
その点、アルバイトはいろんな人がいて楽しいです。

かつだむ
やべえ人もいっぱいいたね!

 

責任を感じずゆるくバイトする

 

お金を貰ってるので真剣に働く必要はありますが、大きな責任を感じなくて良いのが大学生アルバイトの利点。
まあ、バイト先の社員の方もアルバイトに大きな期待はしてないと思います。

 
 

お客さんがいない時はバイト仲間と世間話をしたり、遊びたい時は休んだり、そんな感じで働くのも青春の一ページです。

 

派遣バイトで色んな世界を見る

 

青春とは関係ないかもしれませんが、大学生の頃にやっておいて良かったな、と思うのが派遣バイトです。
好きな時にサクッと働けるのが魅力でやっていたのですが、労働環境は最悪でしたね笑

 
 

二度とやりたいと思いませんが、「過酷な環境で働いている人がいる」と学べたのは良かったです。

 

リゾートバイトで一石二鳥!

 

大学生であれば、夏休みや春休みを利用して長期の「リゾートバイト」ができます。
リゾートバイトって言葉はいかにも「青春」って感じですよね。

 
 

夏は海、冬はスキー場なんかが代表的ですね。
住み込みで働くので、仲間との絆も深まりますし、もしかする恋人ができちゃうかもしれませんよ!
稼げて遊べて一石二鳥!

 

プライベートでの青春

 

旅をしまくる、特に一人旅や海外旅行

 

大学生だからできる青春っぽいこと。
その代表が「旅」だと思います。

 
 

僕も一人で海外バックパッカーしたり、バイクで日本中を駆け回ったりしました。
大学時代の青春は「旅」抜きでは語れません!

かつだむ
何も知らない世界に飛び込むのは、スリルとワクワクの塊だった!

▼大学時代の旅の記録

 

朝までボウリング、カラオケ、ハシゴ酒!!

 

大学生は休みも多いので、朝まで遊び倒す時間があります。
朝までボウリングして腕が痛くなるのもヨシ、カラオケで喉を潰すもヨシ、ハシゴ酒して潰れるもヨシ!
青春を謳歌しちゃいましょう!

 
 

社会人になると

かつだむ
次の日は仕事あるし…。
かつだむ
疲れが残って仕事に影響しそうだから…。

って感じで、大学生の頃ほど思いきり遊べなくなりますので…。

 

飲み会で限界に挑戦して潰れてみる

 

大学生の頃に飲みすぎて潰れて、駅のトイレでゲ〇したのも、今となっては良い思い出です。

かつだむ
あれで自分の限界を知りました★

 
 

そんな感じで、思いっきり飲みまくって潰れるのも青春かなと。
社会人になって自分をコントロールできずに潰れるのはみっともないので、大学生のうちに「これ以上はヤバい」という境界線を知っておくといいかも!

かつだむ
トイレまで我慢した僕をほめてください!

 

一人暮らしの友達の家で遊ぶ

 

一人暮らしの友達の家にお邪魔して、夜通し遊ぶのも青春ですよね~!
高校までは実家なので「親」という強敵がいましたが、一人暮らしの友達の家ならやりたい放題です。

 
 

飲みまくったり、食べまくったり、語り明かしたり。
授業サボってコンビニに行って、また家に戻って遊んで…。

かつだむ
あぁ、自由だったあの頃に戻りたい!!

 

恋愛での青春

 

勢いに任せて付き合ってみる

 

こんなことを言うと世のお姉さま方に怒られそうですが、大学生のうちは、あまり深く考えずに誰とでも付き合ってみればいいと思います。
「そんな好きじゃないけどな…。」って人でも、自分に恋人がいないならとりあえず付き合ってみれば良いかと。

 
 

先のことを深く考えずに恋愛できるのが大学生のいいところ!
「大学で恋愛なんかしてねえわ」「青春できんかったわ」ってなるより、少しでも思い出作っておけばいいと思います!

 

いろんな人と付き合ってみる

 

先ほどの続きのような感じですが、大学時代は色んな人と付き合うのがいいかなと。
なぜなら、生涯のパートナーを選ぶ際に「比較対象を持っておく」のも大事だから。

 
 

まあ「比較する必要なんかない!絶対この人」って人が見つかれば、めでたしめでたしなんですけど…。
比較対象がないと、そのパートナーがほんとに良いのか判断しにくいですよね。
だからといって無理に別れる必要はないですが、「経験を積む」って意味でも、「合わない」と思ったら思い切って次の人を探すのもアリかなと。

 
 

かつだむ
何度か別れたり、付き合ったりするのも青春だと思う!

 

損得なしに、純粋な「好き」という気持ちで付き合う

 

大学生は純粋に「好き」だけで付き合えるのが良いですよね。
社会人になって付き合うと、少なからず「結婚」を意識してしまうので、余計なことまで気にしてしまいます。

 
 

大学生のうちは損得関係なく、「相手のことが好き」って気持ちだけで突っ走ってください!

かつだむ
ウンウン、そうすれば素晴らしい青春の思い出ができるはず!

 

バイクで2ケツしてツーリング

 

これは僕の勝手な青春エピソードなのですが、大学時代はバイクが移動手段だったので「2ケツでデート」が基本でした。
それが「めちゃくちゃ青春してたな」と、今になって思います。
もしバイクに乗っている大学生がいたら、安全運転で2ケツデートしてみてください!おすすめです!

 
 

かつだむ
車も良いけど、バイクに乗ったら思いがけず体密着して……みたいなのがね!
ぎゅうし
…キモイ!

 

社会人になり、大学時代の青春を振り返って思うこと

 

 

最後に、社会人になり大学時代を振り返って思うことを。
みなさんが後悔しないように、忠告も含めて書いておきます。

 

社会人になるとお金があるが時間がない

 

「社会人になるとお金があるが時間がない!」ってよく聞きますよね。
まさにその通り、実感してます。

かつだむ
だから大学生のうちはお金は気にせず使って、時間を使わないとできないことをやろう!

 
 

なんなら奨学金を借りてもいいのかなと。
無利子の奨学金もありますし、有利子でも圧倒的に金利が低いです。

かつだむ
お金より時間を大事に!青春を無駄にするな!

 

▼大学院なら「返還免除制度」もある

関連記事

こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。 今回は、「大学院の奨学金の返還免除」について解説します。     大学院に進学する場合、大学の4年間に加えて学費がさらにかかるので「奨学金」を検[…]

 

学生のノリでしか楽しめないことがある

 

社会人になると、思い切ってバカなことをできなくなります。
バカなこと思いついても

かつだむ
…もう社会人なんだし、そんなことしてられないな。

と冷静になってしまいます。

 
 

大学生時代にバカなことをして怒られた経験も、今となっては青春の思い出です。
悪さするのを勧めているわけじゃないですが、グレーなことなら大学生のうちに思い切ってやってしまうのがいいですね笑

 

後悔はあるけど、これからを考えて生きるのが大事

 

以下の通り、大学生時代にやり残したこと、後悔してることもあります。

 

  • 世界中を旅をしなかった(もっとアフリカとか南米とか行きたかった)
  • 勉強や研究を真剣にやらなかった(社会に出ても役立つことは多かったはず)
  • スマホでゲームしたり、貴重な時間を無駄にしていた

 
 

でもやっぱり過去は変えられないから、これから後悔しないように考えて生きていこうと思います。
大学生のみなさんも、貴重な青春時代を無駄にして後悔しないよう、日々自分の行動を見直してみるのがおすすめ!

かつだむ
僕の二の舞にならないようにね!

 

まとめ

 

今回は大学時代を振り返りながら、「大学生の青春」について書いてきました。

 
 

大学生でしっかり青春を謳歌すれば、社会人になっても後悔なく過ごせるのかなと思います。
まあ「社会人になったら良いことない」みたいな内容も書いてましたが、そんなに悪いものでもないです。
お金はあるので、趣味にお金を使えたり、美味しいものを食べたりできますしね。
絶望せずに生きていきましょう笑

 
 

かつだむ
社会人になっても、青春していこうぜ!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!
以下の記事も合わせてどうぞ!

 

 

ではまた!