TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

腕時計のピン式ベルト・バンド調整方法【チープカシオ(MTP-1239DJ-2AJF)】

 

今回はカシオの腕時計(MTP-1239DJ-2AJF)のベルト調整方法を紹介します。

 
 

全く同じ腕時計でなくても、ピン式のベルトなら参考になると思います
調整方法は簡単で、家にある道具で出来るので、ぜひチャレンジしてみてください。
大まかな内容は以下の通りです。

 

✔ザックリとした手順・必要な道具

✔気を付けること

  • 部品の紛失
  • バックルの位置を考える

✔チープカシオを例にした手順説明

 

 

腕時計のピン式ベルト・バンド調節の大まかな手順・必要な道具

 

ポイント

✔大まかな手順

  1. ベルトを分離する
  2. ベルトを短くするor長くする
  3. ベルトを戻す

 

✔必要な道具

  • 細い棒状のもの(爪楊枝などでも可)

 

確実性を求める方は、以下のような道具を用意するのをおすすめします。

 

腕時計のピン式ベルト・バンド調整で気を付けること

 

部品の紛失

 

ピン式のベルトを短くすると、長さを調整する部品(ベルトの1部)が余ってしまいます。
また長くしたい時に必要になるので、大切に保管しておきましょう。(ちなみに僕は失くしてしまったので、これ以上太れません。)

 

バックルの位置

 

ベルトを調整すると、バックルの位置も変わってきます。
自分が着けていて違和感のない場所になるように、外すピンの場所に気を付けましょう

 

腕時計のピン式ベルト・バンド調整手順

 

①ベルトを分離

 

まずはベルトを分離していきます
矢印が書いてある調整部品を確認して、矢印の方向にピンを押します

 


 

そのまま押し出し、ピンを完全に外します

 


 

ピンが外れたので、ベルトを分離させることができます

 

 

②ベルト・バンドを短くするor長くする

 

次はベルトの長さを調整する行程
手順1と同様の方法で、ベルトに残っている調節部品を外します

 


 

これで1部品分短くなります。
短くしたい長さの数だけ取り外してください。(長くしたい場合は取り付けましょう。)

 

③ベルトを戻す

 

最後にベルトを戻していきます
分かれていたベルトをくっつけて、最初に外したピンを押し込んでください

 

 

奥までしっかり押し込めばベルト調整完了です

 

 

腕時計のピン式ベルト・バンド調節まとめ

 

今回は腕時計のピン式ベルト・バンド調節について説明し、以下のような内容でした。

 

✔ザックリとした手順・必要な道具

✔気を付けること

  • 部品の紛失
  • バックルの位置を考える

✔チープカシオを例にした手順説明

 
 

意外と簡単なので、自分でも問題なく調節できました
ぜひチャレンジしてみてください。

 

 
最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
ではまた!