TONKATSU FARM   旅・大学生活について熱く語る

【嵐山高雄パークウェイ】紅葉の見頃は?アクセス方法や駐車場情報も【2019】

かつだむ
こんにちは!

 

今回はドライブ&紅葉のおすすめスポット「嵐山高雄パークウェイ」を紹介します。
紅葉はもちろんのこと、様々な楽しみ方ができるお出かけスポット
今週末は、ほのぼのドライブ旅をしてみてはいかがですか♪

 

嵐山高雄パークウェイの基本情報・駐車場・紅葉の見頃

 

基本情報

 

嵐山高雄パークウェイの基本情報
営業時間 4月~10月 :8時~19時(入場18時まで)
11月    :8時~20時(入場19時まで)
12月~3月 :9時~18時(入場17時まで)

定休日

料金

バイク 820円(土日祝は通行規制
自動車 1180円

施設
アクセス 京都縦貫道路 [京都北部から]     :沓掛IC (所要時間30分)
名神高速道路 [大阪、名古屋方面から] :京都南IC(所要時間40分)
駐車場

台数:約820台
料金:無料(入場料のみ)

住所 〒616-8285
京都府京都市右京区梅ケ畑檜社町11
問い合わせ ☎ 075-871-1221

 

嵐山高雄パークウェイは、嵐山と高雄を繋ぐ有料道路で、秋には紅葉が楽しめることで知られています。
しかし、渡月橋周辺に比べればまだまだマイナースポット
穴場なので、ゆっくり紅葉を楽しむことができます。

 
 

駐車場は各展望台や休憩所などにあり、料金は無料。
1度通行料を払えば、それ以降は駐車料金を取られないということです。
また、駐車場は広い場所と狭い場所があり、人気の「保津峡展望台」「菖蒲ヶ丘展望台」の駐車場が狭いので注意ですよ

 

紅葉の見頃時期

 

例年、紅葉の見頃時期は「11月下旬~12月中旬」です。
この時期は少し混雑するので、あえて時期を外してみるのもアリですね♪
でも、紅葉も捨てがたいです笑

 
 

▼嵐山高雄パークウェイの場所

 

嵐山高雄パークウェイの見どころ・楽しみ方

 

小倉山展望台から望む京都市内

 

清滝口からパークウェイに入ると、まず目に止まるのがこの展望台
この小倉山展望台からは、京都市内方面の景色を一望することができます

 

 

ここにはカフェもあるので、少し休憩してみるのもいいかもしれません!

 

 

かつだむ
カフェの裏は断崖絶壁…。

 

トロッコ列車が見える保津峡展望台

 

保津峡といえば、保津峡下りやトロッコ列車が有名。
その保津峡を上から見下ろせるスポットです。

 

 

かつだむ
…。
かつだむ
紅葉は!?

そうなんです、行く時期を間違えました
まだまだ色付き始めといった感じ。

 
 

でも、保津峡を走る「トロッコ列車」を眺めるのは、風情があって良かったですよ!

 

菖蒲ヶ丘展望台の幸せの鐘

 

写真を撮るの忘れていたんですが、ここには幸せの鐘というなんともロマンチックなものがあります
しかもハート型の南京錠も売られていて、それを付けるといいことがあるとかないとか…。

かつだむ
そういうの信じない!

鉄の意思でロマンチックを無視し続けると、急に大粒の雨が

かつだむ
ぎゃあー。
信じないとか言ってすいません。
かつだむ
…お、あれは虹!

 

 

結果オーライですね♪

 

菖蒲谷池遊園地でほのぼの

 

最後は、嵐山高雄パークウェイきっての癒しポイント「菖蒲谷池遊園地」
ここではボートを借りたり、バーベキューもできちゃいます。

 
 

そんな中でも、無料で楽しめるのが「鴨観察」

 

 

かつだむ
喧嘩したり、水に頭突っ込んだり。
動物は見てて飽きないなあ~。

 

嵐山高雄パークウェイで気を付けること

 

バイクは土日祝通行できない!

 

なんとも悲しい事実なのですが、土日祝はバイクで通行することができません
バイクが趣味のお父さん方はお気の毒…。

 
 

誰かが爆音で走ったのか、事故が多発したのか。
原因は分かりませんが、バイク乗りには優しくないです。
バイクで行きたい方は平日に行くしかないですね。

 

狭い駐車場がある

 

冒頭でも少し触れたのですが、「保津峡展望台」「菖蒲ヶ丘展望台」の駐車場が狭いので注意
人気の場所なのでもう少し整備してほしいですね~。

 
 

駐車場が満車になることもあるので、譲り合って利用するようにしましょう~

 

嵐山高雄パークウェイまとめ

 

今回は、おすすめのドライブ&紅葉スポット「嵐山高雄パークウェイ」を紹介しました。

 
 

紅葉の時期はもちろん綺麗なのですが、それ以外の時期でも十分楽しめるスポットがあります
近くには心霊スポット「清滝トンネル」もあるので、夜はご注意を…

 
 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
ではまた!